南部縦貫鉄道キハ10形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南部縦貫鉄道キハ10形気動車(なんぶじゅうかんてつどうキハ10がたきどうしゃ)は、南部縦貫鉄道が保有していた鉄道車両気動車)である。

南部縦貫鉄道線の開業時に新製されたキハ101・キハ102、開業後に予備車として常総筑波鉄道から譲り受けたキハ103日本国有鉄道(国鉄)のキハ10形を譲り受けたキハ104の3種類4両が存在した。これらは、同形式を称するものの、構造その他の面で全く共通点のない別の車両である。

キハ101・キハ102[編集]

PODY ribbon.svg
第12回(1996年

カテゴリ / ■テンプレート

キハ101・キハ102は1962年昭和37年)の開業時に富士重工業(現・SUBARU)宇都宮工場で製造された車両で、富士重工業が地方私鉄向けとして製造していた、バス車体工法によって車体を組み立てた「レールバス」と呼ばれる小型気動車である。同社が1959年(昭和34年)に製造した羽幌炭礦鉄道キハ11と基本構造は同一である。

構造[編集]

南部縦貫鉄道 キハ102 走行音
野辺地-後平間(1987年3月2日)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

車体は富士重工業が、いすゞ、日野、トヨタ、日産自、日産デ、三菱自など幅広いバスシャシメーカーのボディを架装していた当時のR11型R13型のバスボディと同じ、丸みのあるモノコック構造で、両端にバス用の折り扉を配置し、扉の間に上段Hゴム固定式・下段上昇式のいわゆるバス窓を8枚配置している。塗装は上半分がクリーム色、下半分がオレンジ色でその間に白い帯が入っている。車内はロングシートである。

走行装置は二軸式で、エンジンは日野製のバス用ディーゼルエンジンである。動力伝達方式は機械式の一軸駆動で、変速機は前進4段・逆転機1段である。ブレーキは空気式ドラムブレーキ手ブレーキを備えている。

前後端の中央部に運転台を備えている。前述のように機械式であるため、運転席足元にあるクラッチペダルを踏み、運転席右側にあるシフトレバーを操作し、ギアを入れ替えて変速する。ただし、通常の鉄道車両と同様、力行は左手でコンソール上のスロットルレバーを操作し、制動は右手でブレーキハンドルを操作する。

積雪地であるため前面下部にスノープラウを装備している。

運用[編集]

開業時から1997年平成9年)に路線が休止(のち廃止)となるまで南部縦貫鉄道線の主力として運用された。バスの工法によって製造された車両だが、通常のバス車両の耐用年数を大幅に上回り、約35年間にわたって使用された。休止直前は安全上の理由から定員が40人に制限されていた。

1996年(平成8年)には鉄道友の会エバーグリーン賞を受賞している。

路線休止後は旧七戸駅構内で動態保存されている。

諸元[編集]

  • 車体寸法(全長×全幅×全高) - 10,296 mm×2,600 mm×3,165 mm
  • 自重 - 9.6 t
  • 機関 - 日野DS90(連続定格出力106 PS/2,000 rpm)×1
  • 動力伝達方式 - 機械式、乾燥単板式クラッチ
  • 定員 - 60人(座席27人)

キハ103[編集]

開業後の1962年11月に常総筑波鉄道のキハ302を譲り受けた車両。筑波鉄道が発注した1937年(昭和12年)日本車輌東京支店製のガソリンカーで、1945年(昭和20年)に常総筑波鉄道が成立してからも筑波線で使われていた。1951年(昭和26年)にエンジンを製造時の米ウォーケシャ(英語版)・6SRLから日野・DS11に換装し、ディーゼル動車に改造されている。

前面3枚窓、側面はE2D5D3(E:乗務員室扉、D:客用扉)の窓配置である。塗装は譲渡時にキハ101・102と同一の塗装に変更された。

譲受当初から予備車的存在で、キハ104の導入により1980年(昭和55年)に廃車となり解体された。

諸元[編集]

  • 車体寸法(全長×全幅×全高) - 12,440 mm×2,720 mm×3,760 mm
  • 自重 - 15.5 t
  • 機関 - 日野DS11×1
  • 動力伝達方式 - 液体式
  • 定員 - 80人(座席38人)

キハ104[編集]

キハ104

1956年(昭和31年)製の国鉄キハ10 45を1980年(昭和55年)に譲り受けた車両。塗装は譲渡時にキハ101・102と同一の塗装に変更された。キハ101・102よりも大型であり、当初は朝夕ラッシュ時に使用されたが、利用者の減少が進み、燃料費がかさむためあまり使用されなくなっていった。

路線休止直前になると混雑するようになり、キハ101・102では乗客をさばき切れなくなったため、キハ101・102の続行として運用された。休止後はキハ101・102と同様、旧七戸駅構内で動態保存されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]