南関東地方競馬中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南関東地方競馬中継(みなみかんとうちほうけいばちゅうけい)とは、大井川崎浦和船橋の4つの競馬場で開催されている競馬を中継しているテレビ番組である。1999年8月2日放送開始。

概要[編集]

スカパー・ブロードキャスティングスカパー! Ch.120で放送する「南関東地方競馬チャンネル」では大井川崎浦和船橋の各競馬場で開催されるレースを全レース放送しており、そのうち大井競馬の中継は『東京シティ競馬実況中継』、それ以外の3場の中継を『南関東地方競馬中継』として放送している。「南関東地方競馬シリーズ」として両番組の視聴契約をする方式。料金は月額1080

南関東地方競馬中継では前半は司会者1名のみでの放送となるが後半は南関東公営競馬競馬新聞を発行している各紙から解説者を招き、パドック解説やレース展望・回顧などを行っている。

パドックやレース映像、実況は競馬場内の放送と同じものを使用している。スタジオのセットは東京シティ競馬中継と同じものだが各競馬場にあわせてマスコット人形を置いたり、ロゴを変更したりしている。

当初はディレクTVでスタートしたがディレクTVの経営不振による撤退と視聴者のスカパー!移行に伴い、スカパー!での放送に移行した。

標準画質からHD画質への移行にともない、Ch.120は2014年5月31日に放送終了。HD画質のCh.678が放送を開始している。視聴を継続するためには契約変更手続きと、スカパーHDチューナーが必要。

ネット局[編集]

開催地の地元放送局では地上デジタル放送の032chで各開催日のメインレースを中心とする2時間枠で放送。

2010年4月12日より、千葉テレビ放送(チバテレ)では船橋競馬開催時に限り放送(2時間枠での放送は2013年度以降)。以前は15:30~17:00(薄暮開催時は1時間から1時間30分ほど開始・終了時刻が遅くなる。2010年度は14:55~17:00で薄暮開催時は放送無し、冬季開催時は30分ほど開始・終了時刻が早まる)に放送されていた(2012年度は放送無し)。2018年度より船橋競馬が通年ナイター開催となるため、1月・2月は18:30~20:30、3月~12月までは19:00~21:00に放送時間を設定している[1]

なお、毎年7月の『夏の高校野球千葉大会』中継時および『テレビ傍聴席』(千葉県議会中継)放送日は、船橋競馬開催があっても放送されない(2017年度までの昼間・薄暮開催時)。

2016年5月24日よりtvkでも川崎競馬場開催時に限り放送を行うが、チバテレと異なりワンセグでも放送を行う。また2016年度は開催全日程ではなく火・水曜中心に放送する[2]。2017年度より開催全日程で中継を行うことになった。

2017年4月26日からテレビ埼玉(テレ玉)でも浦和競馬開催時に限り放送を行う。2017年度は14時から18時までのうちの2時間枠において重賞開催日の水曜を中心に13回放送する[3]。2018年度より開催全日程で中継を行うことになった。

司会者[編集]

現在[編集]

『南関東地方競馬中継』と『東京シティ競馬中継』の司会者[4]

2012年4月より
2014年春より
2015年4月より
  • 沖津那奈(4月6日 - )
  • 田中歩(4月6日 - )
2019年4月より
  • 山田桃子

上記8名は全員ジョイスタッフ所属。

過去[編集]

『南関東地方競馬中継』の司会者

  • 堤ゆり子
  • 山田久代
2011年3月まで

『南関東地方競馬中継』の司会者

2010年3月26日までは、上記の3名うち2名が、前半と後半で交代して司会を務めていた。

2010年3月29日からは、上記の4名うち2名が、前半と後半で交代して司会を務めていた。

上記4名は「タレントユニオン」所属(出演時)。

2011年4月以降

『南関東地方競馬中継』と『東京シティ競馬中継』の司会者

上記9名は「セント・フォース」所属(出演時)。

ジョイスタッフ所属。

脚注[編集]

  1. ^ チバテレ・船橋競馬中継
  2. ^ いよいよ川崎競馬のテレビ中継開始!! 川崎競馬場公式webサイト 2016年5月17日
  3. ^ テレ玉第2チャンネルで浦和競馬生中継をスタート! テレビ埼玉、2017年8月25日閲覧
  4. ^ 東京シティ競馬 出演者プロフィール 2012年4月5日閲覧