単離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

単離(たんり)とは、様々なものが混合している状態にあるものから、その中の特定の要素のみを取り出すことである。

化学的には、混合物から純物質物理化学的原理に基づいて分離する操作のことを指す。

代表的な操作方法として蒸留法、再結晶法、昇華法、ゾーン融解法、クロマトグラフィー法、光学分割法、限外濾過法、ガス拡散法がある。

実際には分離したい純物質間の物理化学的特性を考慮して、これらの方法を単独で用いたり、複数組み合わせて単離を行うことになる。 たとえば石油からヘキサンを単離する場合は、結晶化が困難なので蒸留を採用することになる。 または砂糖食塩の混合物ならば、砂糖は熱分解して分離できないので再結晶法が選択される。

生物学でも同様な意味で使われることもある。しかし、細胞の中から細胞器官をより分ける場合、微生物群集から、特定の微生物を取り出す(分離・あるいは純粋培養)操作のことをこういう例もある。細胞小器官の単離には遠心分離など、化学とは異なる手法もある。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
大久保利通 本庄優花 石崎ひゅーい 勝間和代 内田恭子 坂下麻衣 伊藤健太郎 (俳優) 賀来賢人 DISH 西郷隆盛 水沢アリー 紡錘状回 逃げるは恥だが役に立つ 葉山奨之 ドナルド・トランプ ムロツヨシ 太賀 北村匠海 石井一久 磯村勇斗
「単離」のQ&A
1  単離収率とはなんでしょうか?
2  単離できない遺伝子は存在するのか??
3  アガロースゲルからのDNAの単離
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について