博奕打ち外伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
博奕打ち外伝
監督 山下耕作
脚本 野上龍雄
原案 島村喬
製作 俊藤浩滋、橋本慶一 (企画)
音楽 木下忠司
撮影 古谷伸
編集 堀池幸三
製作会社 東映
公開 日本の旗 1972年7月30日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 博奕打ち いのち札
テンプレートを表示

博奕打ち外伝』(ばくちうちがいでん)は、1972年7月30日に公開された日本映画。製作は東映京都撮影所)。『博奕打ちシリーズ』の第10作目。鶴田浩二高倉健が共演した最後の映画作品でもある。

あらすじ[編集]

喧嘩と博奕に明け暮れる明治中期の北九州・若松。

スタッフ[編集]

  • 監督:山下耕作
  • 企画:俊藤浩滋、橋本慶一
  • 原案:鳥村喬
  • 脚本:野上龍雄
  • 撮影:古谷伸
  • 照明:増田悦章
  • 録音:中山茂二
  • 音楽:木下忠司
  • 編集:堀池幸三
  • 助監督:俵坂昭康
  • 記録:梅津泰子
  • 装飾:松原邦四郎
  • 美粧・結髪:東和美粧
  • 演技事務:上田義一
  • スチール:木村武司
  • 衣裳:高安堯司
  • 疑斗:上野隆三
  • 進行主任:真沢洋士

出演[編集]

関連項目[編集]