占冠ヘリポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
占冠ヘリポート
Shimukappu HP
IATA: ? - ICAO: ?
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 北海道勇払郡占冠村字中トマム2231-17
種類 公共用ヘリポート
所有者 占冠村
運営者 アルファリゾート・トマム 施設部車両課
運用時間 午前7時から午後5時(日没まで)
開港 1990年12月15日
閉鎖 2017年4月1日
敷地面積 1.3 ha
標高 545.8 m
座標 北緯43度03分21秒 東経142度37分04秒 / 北緯43.05583度 東経142.61778度 / 43.05583; 142.61778座標: 北緯43度03分21秒 東経142度37分04秒 / 北緯43.05583度 東経142.61778度 / 43.05583; 142.61778
地図
占冠ヘリポートの位置
占冠ヘリポートの位置
占冠ヘリポートの位置
占冠ヘリポートの位置
占冠ヘリポートの位置
ヘリパッド
番号 長さ×幅 (m) 表面
10/28 25×20 塗装
統計
発着回数 年間約10便(1998年度から2004年度平均)
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

占冠ヘリポート(しむかっぷヘリポート)は、北海道勇払郡占冠村トマム2231番にかつてあった公共用ヘリポートである。

利用状況[編集]

1980年代後半から開発されたリゾート地「アルファリゾート・トマム」の至近にある。リゾート運営会社のホテルアルファが、新千歳空港丘珠空港帯広空港との間でヘリコプター旅客便を運航する計画があったが、実際の利用は官公庁・使用事業が中心であったとされる[要出典]

2004年度の発着回数は3回[1]となっており事実上の休止状態となっていたが、2017年3月をもって廃止[2]となった。

脚注[編集]

  1. ^ 北海道庁HP新幹線・交通企画局交通企画課掲載資料
  2. ^ 官報 第6969号(2017年3月2日付、国土交通省告示第142号)

関連項目[編集]