印度支那派遣軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
印度支那派遣軍
創設 1940年昭和15年)9月5日
廃止 1941年(昭和16年)7月5日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 仏印
最終上級単位 南支那方面軍
主な戦歴 仏印進駐
テンプレートを表示

印度支那派遣軍(いんどしなはけんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

1940年昭和15年)9月に臨時編成され、北部仏印進駐を担当し、南支那方面軍に編入された。1941年(昭和16年)7月に復員し、独立混成第21旅団に改編された。

軍概要[編集]

司令部構成[編集]

  • 司令官
  • 参謀長
    • 長勇大佐:1940年9月7日 -
  • 高級参謀
  • 参謀
    • 尾花義正少佐:1940年9月7日 -

隷下部隊[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。

関連項目[編集]