印野村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いんのむら
印野村
廃止日 1955年2月11日
廃止理由 新設合併
御殿場町原里村玉穂村印野村富士岡村
御殿場市
現在の自治体 御殿場市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
駿東郡
面積 51.11km2.
総人口 2,024
(廃止後の昭和30年国勢調査)
隣接自治体 原里村玉穂村須山村富士郡大淵村
印野村役場
所在地 静岡県
Shizuoka Sunto-gun 1889.png
15が印野村で赤色は御殿場市に相当
 表示 ウィキプロジェクト

印野村(いんのむら)は、静岡県の北東、富士山東麓にあった駿東郡1955年に周辺町村と合併し、御殿場市になった。

地理[編集]

御厨地方のうち、もっとも富士山側にあり、広大な富士山の原野から頂上までを有する。原野は陸軍の演習場として使われた。

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 藩政村の印野村が行政村の印野村になった。原里村と組合村となっていた。組合村の役場は原里村保土沢に置かれた。
  • 1912年(明治45年) - 演習場の障害になるとして、北畑集落が村内や原里村(現・御殿場市川島田北畑)へ移転させられた。
  • 1913年(大正2年)3月31日 - 玉穂村との組合村を解消し、印野村に村役場が置かれた。
  • 1955年(昭和30年)2月11日 - 御殿場町富士岡村原里村玉穂村と合併し、御殿場市になった。村役場は御殿場市役所印野支所に、村有財産は御殿場市印野財産区に引き継がれた。

交通[編集]

関連項目[編集]