危険な関係 (2012年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
危険な関係
タイトル表記
繁体字 危險關係
簡体字 危险关系
英題 Dangerous Liaisons
各種情報
監督 ホ・ジノ
脚本 ゲリン・ヤン
原作 コデルロス・ド・ラクロ
危険な関係
製作総指揮 チャン・ウェイミン
出演者 チャン・ツィイー
チャン・ドンゴン
セシリア・チャン
音楽 チョ・ソンウ
撮影 キム・ビョンソ
編集 ナム・ナヨン英語版
美術 ウォルター・ウォン
製作会社 ゾンボメディア[1]
配給 日本の旗 キノフィルムズ
公開 フランスの旗 2012年5月24日CIFF
中華人民共和国の旗 大韓民国の旗 2012年9月27日
日本の旗 2014年1月10日
上映時間 110分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
言語 中国語
製作費 24,200,000[2]
テンプレートを表示

危険な関係』(危險關係、英語題: Dangerous Liaisons)は、コデルロス・ド・ラクロ同名の小説を原作としたホ・ジノ監督による2012年の中国映画である。

概要[編集]

小説『危険な関係』の映画化には本作以前にも、1959年版1988年版、1989年の『恋の掟』、1999年の『クルーエル・インテンションズ』、2003年の『スキャンダル』などがある[3]。本作では1930年代の上海に舞台が置き換えられ、韓国のチャン・ドンゴンと中国のチャン・ツィイーセシリア・チャンが出演した[4][5][6][7][8][9]

第65回カンヌ国際映画祭監督週間英語版[10][11][12]第37回トロント国際映画祭[13][14]釜山国際映画祭で上映された[15][16][17]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • ドゥ・フェンユー(杜芬玉) - チャン・ツィイー(章子怡): 貞淑な未亡人。
  • シエ・イーファン(谢易梵) - チャン・ドンゴン(张东健): プレイボーイ。
  • モー・ジユ(莫婕妤) - セシリア・チャン(张柏芝): 大物女性実業家。
  • ドゥ・ルイシュエ夫人(雪姑妈) - リサ・ルー中国語版(卢燕): シエの祖母。フェンユーの大叔母。
  • ダイ・ウェンジョウ(戴文舟) - ショーン・ドウ中国語版(竇驍): 画家志望の大学生。ベイベイの絵の教師。
  • ベイベイ(贝贝) - キャンディ・ワン(王奕瑾): モーの恋人ジン氏と婚約した若い令嬢。
  • ジュウ夫人 - ロン・ロン: ベイベイの母親。

スタッフ[編集]

  • 監督:ホ・ジノ
  • 製作総指揮:チャン・ウェイミン
  • 脚本:ゲリン・ヤン
  • 撮影:キム・ビョンソ
  • 編集:ナム・ナヨン英語版
  • 音楽:チョ・ソンウ
  • 美術:ウォルター・ウォン

参考文献[編集]

  1. ^ Chu, Karen (2011年6月7日). “China's Zonbo and Singapore's Homerun Announce $77 Million, Five-Picture Slate”. The Hollywood Reporter. 2012年11月19日閲覧。
  2. ^ Ho, Stewart (2012年9月7日). “Jang Dong Gun Charms Zhang Zhiyi and Cecilia Cheung With His Bad Boy Ways in New Movie Stills”. enewsWorld. 2012年11月19日閲覧。
  3. ^ Lee, Claire (2012年9月28日). “BIFF to heat up Busan”. The Korea Herald. 2012年11月19日閲覧。
  4. ^ Another Dangerous Liaisons”. Global Times (2011年6月15日). 2012年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月19日閲覧。
  5. ^ Lee, Hyo-won (2011年9月23日). “Jang Dong-gun to co-star with Zhang Ziyi, Cecilia Cheung”. The Korea Times. 2012年11月19日閲覧。
  6. ^ Jang Dong Gun: 'I Am Glad to Work with Zhang Ziyi and Cecilia Cheung'”. KBS Global (2011年9月28日). 2012年11月19日閲覧。
  7. ^ Lee, Jin-ho (2012年10月7日). “Interview: Jang Dong Gun on Family and Who He is as an Actor”. enewsWorld. 2012年11月19日閲覧。
  8. ^ Jung, Hyun-mok (2012年10月8日). “Language no barrier to Jang’s appeal”. Korea JoongAng Daily. 2012年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月19日閲覧。
  9. ^ Ji, Yong-jin (2012年10月18日). “JANG Dong-gun of DANGEROUS LIAISONS: I want to be more active in co-produced films”. Korean Cinema Today. 2012年12月7日閲覧。
  10. ^ Leffler, Rebecca (2012年4月24日). “Cannes 2012: Michel Gondry's The We & The I to Open Director's Fortnight”. The Hollywood Reporter. 2012年11月19日閲覧。
  11. ^ Sunwoo, Carla (2012年4月26日). “Dangerous Liaisons heads to Cannes”. Korea JoongAng Daily. 2012年6月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月19日閲覧。
  12. ^ 2012 Selection”. 監督週間英語版. quinzaine-realisateurs.com. 2012年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月25日閲覧。
  13. ^ Toronto 2012: China's Dangerous Liaisons Goes To Well Go USA”. IndieWire (2012年9月11日). 2012年11月19日閲覧。
  14. ^ Suk, Monica (2012年9月11日). “Jang Dong-gun, Zhang Ziyi show celebrities' dignity at 37th TIFF”. 10Asia. 2012年11月19日閲覧。
  15. ^ Lee, Claire (2012年10月5日). “Zhang, Cheung touched by Jang Dong-gun's professionalism”. The Korea Herald. 2012年11月19日閲覧。
  16. ^ Lee, Jin-ho (2012年10月5日). “BIFF: Cecilia Cheung Says Jang Dong Gun is a Great Actor”. enewsWorld. 2012年11月19日閲覧。
  17. ^ Suk, Monica (2012年10月5日). “BIFF: Dangerous Jangs Receive Positive Reviews on Dangerous Liaisons”. 10Asia. 2012年11月19日閲覧。