卵めん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

卵めん(らんめん)とは、岩手県奥州市江刺で作られている

つなぎを一切使わず、小麦粉だけで作った麺は、卵色でコシが強くのびにくい。そうめんと同様の方法で食べられる。[1]

起源は江戸時代長崎から来たキリシタン信者、松屋重蔵(十蔵)がカステラの製法を参考にして技術を伝えた蘭麺が始まりと伝えられる[1]。長崎を追われた十蔵は姉弟を連れてひそかに岩谷堂にかくれ、姉とともにささやかに卵めんを売り出したのが初めという。「蘭めん」や「十蔵めん」ともいう。朱色の平角腕に入れて、白木に松風箸をつけて売り出したと言われる。「遠野古事記」にはこれが遠野にも入った事が記録されている[2]

紹介されたテレビ番組

脚注[編集]

  1. ^ a b 卵めんの由来 - 吉田製麺
  2. ^ 『岩手県の歴史』、森嘉兵衛、p.62