卵円孔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
胎児の心房

卵円孔(らんえんこう)とは、胎児期の心臓にある右心房左心房をつなぐ孔のこと。出生後は卵円窩として痕跡を残す。

発生[ソースを編集]

胎生4週に共通心房に中隔が生じる[1]。まず一次中隔が上壁から伸びていくが、一次中隔による閉鎖が完了する前に、上部が細胞死をおこし、二次孔という穴が残る。その後、一次中隔の右横から二次中隔が発生する。二次孔は二次中隔により塞がれるが、二次中隔にも穴が残り、これが卵円孔となる。卵円孔の左側には一次中隔があり、これは卵円孔弁となる[1]

役割[ソースを編集]

胎生期は肺循環がないため、右心房と左心房をつなぐシャントとして働く。

出生後[ソースを編集]

出生後は、肺循環が始まり動脈管が閉鎖すると左心房圧が高まり右心房圧が低下するため、出生後に最初にする一息で卵円孔弁が卵円孔に押し付けられ、一次中隔、二次中隔が癒合して卵円孔は閉じる[1]。完全に閉鎖するには2~3日かかるため、その赤ちゃん本人が泣くたびに弁が開き新生児チアノーゼの原因になる[1]。卵円孔の痕跡は卵円窩として残る[2]

卵円孔閉鎖不全[ソースを編集]

20%の人に卵円孔閉鎖不全がみられ、探針的開存と呼ばれる小さな裂孔が残存するが、血液のシャントは通常はない[1]

疾患[ソースを編集]

  • 卵円孔早期閉鎖 - 卵円孔が胎生期に閉鎖することがあり、早期閉鎖の場合は右側が肥大し、左側の成長が低下する[1]
  • 卵円孔開存 - 出生後の卵円孔に高度の閉鎖不全が見られ、動脈血と静脈血が混ざる状態[2]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f ラングマン人体発生学第10版 ISBN 978-4-89592-650-8
  2. ^ a b 解剖実習の手びき 南山堂発行 ISBN 978-4-525-10311-8

関連項目[ソースを編集]