この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

厚ヶ瀬美姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

厚ヶ瀬 美姫
Atsugase Miki
48072677 1594292394.jpg
シンデレラインタビューを受ける厚ヶ瀬(右)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗大阪府枚方市
生年月日 (1991-02-12) 1991年2月12日(28歳)
身長
体重
159 cm
53 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手投手
プロ入り 2009 内野手1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

厚ヶ瀬 美姫(あつがせ みき、1991年2月12日 - )は、日本の元女子プロ野球選手。大阪府枚方市出身。球界のミキティとも呼ばれる。

概要

  • 3歳の頃から、父親の所属する草野球チームの練習に参加し、小学校1年の時に父が監督を務める少年野球チーム「菅原東ビクトリー」に入部。小学の間は両親の方針から野球以外にも様々な習い事に通ったが、飽きっぽい性格が災いして長続きしなかった。しかし、なぜか野球だけは6年間続けることができた。中学に入ると女子が入部できる軟式野球部が無かったため、父が軟式野球チーム「牧方ビクトリー」を結成し、そのチームでショートのレギュラーを掴む。中学卒業後は女子硬式野球部のある神村学園高校に入学し、在学中は野口霞中野菜摘と合わせて「神村学園三人娘」と呼ばれた。高校3年時の2008年IBAF女子ワールドカップでは日本代表に選出され、遊撃のレギュラーとして5割を超える打率を残し、世界一に貢献した。
  • 2009年、高校卒業後スポーツトレーナーをめざし専門学校に入学。野球を引退する。しかし、それによって生活に身が入らなくなってしまい、見かねた父親がクラブチーム塁ベースボールクラブを結成し、そこでプレーした。それでも目標を失った消失感に悩まされていたが、同年8月に日本女子プロ野球の発足が発表されると、もう一度トップで野球をやりたいとの思いがこみ上げてくる。その後専門学校を自主退学し、父親と野球の猛特訓を開始し、トライアウトにてトップクラスの評価を受けて合格した[1]。その際の履歴書の自己PR欄には、「私は野球をするために生まれてきた女子です」と記されていた。同年12月のドラフト会議で兵庫スイングスマイリーズから内野手1位指名を受け、入団。
  • プロ一年目となる2010年シーズンでは、主に一番・遊撃として全40試合連続出塁の記録を残し、攻守と相まってリーグの看板選手へと成長した。
  • 翌2011年シーズンでは、リーグ2人目となる通算100安打を達成。盗塁王にも輝いた。2012年シーズンからはチームのキャプテンに就任することが発表された。
  • 2017年8月30日、わかさスタジアム京都でライトへプロ入り初ホームランを打つ。[2]
  • 2018年8月17日、わかさスタジアム京都でリーグ3人目となつ通算400安打を達成。[3]
  • 2019年から京都フローラに移籍。守備コーチを兼任している。
  • 同年11月1日、今季限りで引退し来季からコーチに就任することが発表された。[4]

エピソード

  • 神村学園高1年時にジャイアンツカップへ出場した際、阿部慎之助から「打球判断がよかった」と褒められるほどの守備を魅せた。
  • 枝豆が大好物。プロ入り後は寮生活で、あまり食べられないことをブログでこぼしている。
  • 2011年のある試合で、抽選で選手のサイングッズとツーショット写真が当たるイベントが行われた。リーグ屈指の人気を誇る厚ヶ瀨には応募が殺到し、相当な高倍率になっている中、厚ヶ瀨の父親がまさかの当選。当選者名が発表された瞬間、球場が爆笑に包まれ、観客に声援を送られながら親子でツーショット写真を撮った。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 スマイリーズ
ディオーネ
40 195 167 34 56 13 4 0 77 23 18 10 3 0 25 - 0 10 0 .335 .422 .461 .883
2011 50 196 157 32 50 5 6 0 67 21 17 3 2 1 35 - 1 8 3 .318 .443 .427 .870
2012 36 132 104 20 39 2 4 0 49 14 8 5 2 0 26 - 0 3 2 .375 .500 .471 .971
2013 44 142 120 17 39 6 0 0 45 12 17 3 2 1 19 - 0 6 1 .325 .414 .375 .789
2014 アストライア 35 126 105 20 33 4 4 0 45 8 8 3 3 0 17 - 1 10 1 .314 .415 .429 .844
2015 ディオーネ 52 206 166 37 60 7 4 0 75 11 13 4 9 0 28 - 3 9 0 .361 .462 .452 .914
2016 35 141 105 25 36 4 2 0 44 11 4 2 6 0 30 - 0 3 3 .343 .489 .419 .908
2017 47 190 164 33 51 4 4 1 66 7 3 3 3 0 23 - 0 6 1 .311 .396 .402 .798
2018 44 175 151 27 54 10 4 0 72 24 7 1 1 2 21 - 0 14 2 .358 .431 .477 .908
2019 66 244 216 33 70 9 1 0 81 22 23 4 1 0 23 - 4 11 5 .324 .399 .375 .774
JWBL:10年 449 1747 1455 278 488 64 33 1 621 153 118 38 32 4 247 - 9 80 18 .324 .434 .427 .861
  • 2019年度シーズン終了時
  • 「-」は記録なし
  • 太字はリーグ1位
  • スマイリーズは、2013年にディオーネに球団名を変更

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2010 スマイリーズ 2 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 2.0 2 0 1 - 0 1 0 0 0 0 0.00 1.50
2011 5 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 5.2 10 0 2 - 0 1 0 0 6 6 7.37 2.11
JWBL:2年 7 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 38 7.2 12 0 3 - 0 2 0 0 6 6 5.45 1.95
  • 2016年度シーズン終了時
  • 「-」は記録なし
  • 太字はリーグ1位

タイトル

  • ゴールデングラブ(2017年、2019年)
  • ベストナイン(2012年、2014年-2019年)

背番号

  • 51 (2010年 - 2013年)
  • 9 (2014年)
  • 6 (2015年)
  • 1(2016年 - 2019年)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「蘇る!女子プロ野球」,谷岡雅樹,梧桐書院,2010年
  2. ^ 【京都vs兵庫第14戦】試合結果2017年8月31日、日本女子プロ野球リーグ
  3. ^ 試合結果2018年8月17日”. 日本女子プロ野球リーグ. 2018年8月19日閲覧。
  4. ^ http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hochi/sports/20191101-134-OHT1T50200?utm_source=dmg&utm_medium=7

関連項目