厚別公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
厚別公園
ATSUBETSU PARK
捷.jpg
厚別公園にあるモニュメント「捷」
厚別公園の位置(札幌市内)
厚別公園
分類 運動公園[1]
所在地
座標 北緯43度01分03秒 東経141度27分51秒 / 北緯43.01750度 東経141.46417度 / 43.01750; 141.46417座標: 北緯43度01分03秒 東経141度27分51秒 / 北緯43.01750度 東経141.46417度 / 43.01750; 141.46417
面積 12.6ヘクタール
開園 1987年
運営者 札幌市公園緑化協会(指定管理者
設備・遊具 陸上競技場広場パーゴラ壁泉
駐車場 第一駐車場169台、第二駐車場119台
バリアフリー 身障者対応トイレ、車椅子用水飲台[2]
アクセス 札幌市営地下鉄東西線大谷地駅下車 徒歩10分
北海道中央バス「平岡9条3丁目」「厚別公園」バス停下車 徒歩5分、「雇用促進住宅入口」バス停下車 徒歩10分
北海道中央バス・ジェイ・アール北海道バス「上野幌2条1丁目」バス停下車 徒歩5分
告示 都市計画決定:昭和58年3月31日北海道告示第600号[3]
事務所 厚別公園管理事務所
事務所所在地 札幌市厚別区上野幌3条1丁目2番1号
備考 広域避難場所[4]
公式サイト 厚別公園
テンプレートを表示

厚別公園(あつべつこうえん)は、札幌市厚別区にある公園

概要[編集]

第44回国民体育大会』(はまなす国体)メイン会場となる競技場建設のため1984年(昭和59年)に着工し、1986年(昭和61年)に完成した。1987年(昭和62年)には『全国高等学校総合体育大会』('87北海道総体)を開催し、1989年(平成元年)にはまなす国体を開催した[5]。1996年(平成8年)から2014年(平成26年)まで、コンサドーレ札幌(現在の北海道コンサドーレ札幌)のホームスタジアムになっていた[6][注 1]

施設[編集]

主競技場・補助競技場
コミュニティ広場
主競技場と補助競技場の中間に位置する
記念広場
モニュメント広場(國松明日香「捷」〜しょう)、壁泉広場からなる
歩くスキーコース(積雪期限定)
主競技場トラックと広場までわたる1.3kmと補助競技場トラックの0.4kmが整備され、用具貸出しも行われる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 総合公園 (PDF)”. 札幌市. 2016年6月17日閲覧。
  2. ^ 厚別公園”. 札幌市公園検索システム. 札幌市. 2016年6月17日閲覧。
  3. ^ 都市計画公園 個別一覧表 (PDF)”. 北海道. p. 16 (2012年3月31日). 2016年6月17日閲覧。
  4. ^ 避難場所(厚別区)”. 札幌市. 2016年6月17日閲覧。
  5. ^ 第44回大会(平成元年・1989年開催)”. 日本体育協会. 2016年6月17日閲覧。
  6. ^ スタジアム”. 北海道コンサドーレ札幌. 2016年6月17日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ Jリーグクラブライセンスの関係上、札幌ドームの開場(2001年)以降はコンサドーレのホームスタジアムは「札幌ドーム、および厚別公園競技場」であり、(設備面での問題が少ない)札幌ドームをメインとしていた。コンサドーレはホームスタジアム指定から外れた2015年以降も厚別公園競技場で試合を行っているが、これは札幌ドームが他のイベントのために使用できない、または天皇杯など、Jリーグの主管試合ではなく、クラブライセンスの制約を受けない場合等である。