原えりこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はら えりこ
原 えりこ
プロフィール
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
生年月日 (1959-11-01) 1959年11月1日(61歳)
血液型 A型
所属 フリー(Beffect、エイチエスプロモーションと業務提携)
配偶者 あり
活動
活動期間 1982年 -
デビュー作 放夢ラン(『逆転イッパツマン』)
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

原 えりこ(はら えりこ[1]1959年[2]11月1日 - )は、東京都出身の女性声優女優。かつては番衆プロダクション[3]青二プロダクションアーツビジョンアルファワンに所属していた。

経歴[編集]

高校卒業後、芸能界を目指していくつかのオーディションを受ける。TBSのお天気お姉さんや『ワンツージャンプ!』のオーディションはいずれも次点で不合格。しかし、あるTBSのディレクターがそれを惜しみ、何回かイベントの仕事で起用されるようになる。その後、テレビ朝日の連続ドラマの新人出演者募集に応募したところ、合格してドラマデビューできることになったが、以前からお世話になってるTBSのディレクターに相談したところ「TBS以外からデビューしないでくれ、もうちょっと待て」と言われ止められたという[3]。その後、声優になるべく専門学校東京アナウンス学院の放送声優科に通い出し、番衆プロダクションに所属。

1982年、『逆転イッパツマン』の放夢ラン役で声優デビュー。同年、『ときめきトゥナイト』の江藤蘭世役で初主演。以後、1990年代前半までを中心として活躍した。一時期は「光野栄里」名義で活動していた。

2007年6月、それまで所属していたアーツビジョンから離脱、フリーとなる。また、桐朋学園芸術短期大学や総合学園ヒューマンアカデミー渋谷校で講師となっている。『それいけ!アンパンマン』(ピョン吉役)には引き続き声をあてている。2010年8月、新白無垢の鬼などの演劇活動に励む傍ら、声優養成所SVAA」「RAMS Professional Education」などの講師としても活動していた。2021年現在は株式会社アンカットが運営する俳優・タレント養成スクール「グリーンロード」にて講師を務める。

2020年、自身も原作ファンである「スーパーカブ」のアニメ化の報を知ると、声優デビュー以来初めてという製作サイドへの売り込みを自ら掛け、担任教師役を獲得する[4]

2021年5月、Beffectと業務提携[5]

人物[編集]

趣味はゴルフドライブスキューバダイビング身長155cm、体重43kg、B82cm、W60cm、H 83cm、靴のサイズ23cm(2013年のアルファ・プランテーション所属当時)。2021年現在所属しているBeffectのプロフィールでは、趣味はスーパーカブツーリング旅行デイキャンプとしている[6]

2018年からホンダスーパーカブ(リトルカブ 88cc)に乗り始め、2021年現在、スーパーカブ110(JA44型)オーナー。Facebookを通じてカブ仲間が増えていったという。

スーパーカブ」出演決定後に自身のTwitterアカウントを開設。同作出演の夜道雪七瀬彩夏ともバイクツーリングに行ったという。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1995年
1998年
1999年
2009年
2021年

劇場アニメ[編集]

1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
2020年代

OVA[編集]

1980年代
1990年代

ゲーム[編集]

1991年
1992年
1993年
1997年
1998年
  • 天仙娘々 〜劇場版〜(赤貧公主)
1999年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2013年
2014年
2019年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ コンプリートボックス』(1999年)、『α』(2000年)、『α for DC』(2001年)、『IMPACT』(2002年)、『第2次α』(2003年)、『MX』(2004年)、『MX ポータブル』 『第3次α』(2005年)、『V』(2017年)、『X』(2018年)、『T』(2019年)

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』、230頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 原えりこ”. スタ☆スケ(ザテレビジョン. KADOKAWA. 2020年11月18日閲覧。
  3. ^ a b 『ジ・アニメ』(近代映画社)1982年11月号 168ページ『声優クローズあっぷ』より。
  4. ^ 声優・原えりこが語った「やっぱり演じたい」 話題の「スーパーカブ」で心を新たに再出発|よろず〜ニュース” (日本語). よろず〜ニュース. 2021年6月17日閲覧。
  5. ^ 「原えりこ」との業務提携のお知らせ – Beffect” (日本語). 2021年6月17日閲覧。
  6. ^ 原えりこ – Beffect” (日本語). 2021年6月17日閲覧。
  7. ^ TV CAST”. 銀河漂流バイファム. 2020年12月21日閲覧。
  8. ^ 銀河パトロールPJ”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月22日閲覧。
  9. ^ 「第1章 ドリーマーズ 世界観とキャラクター キャラクターファイル」『重戦機エルガイム大全』大久保一光&バッドテイスト、双葉社、2003年4月30日、44頁。ISBN 4-575-29552-3。
  10. ^ 高野光生編「スタッフ&キャストインタビュー」『蒼き流星SPTレイズナー』、近代映画社、1986年8月25日、 127頁、 雑誌 05318-8。
  11. ^ アニメ『プロゴルファー猿』”. チバテレ. 2020年12月21日閲覧。
  12. ^ 宇宙船サジタリウス”. 日本アニメーション. 2016年6月7日閲覧。
  13. ^ “きまぐれオレンジ☆ロード”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1985/tv_015.html 2016年5月4日閲覧。 
  14. ^ おちゃめなふたご クレア学院物語”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月10日閲覧。
  15. ^ ゲッターロボ號”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  16. ^ ムカムカパラダイス”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  17. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「スーパーカブ」公式サイト. 2021年4月6日閲覧。
  18. ^ a b c d OVA CAST”. 銀河漂流バイファム. 2020年12月21日閲覧。

関連項目[編集]