原みつるとシャネル・ファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原みつるとシャネル・ファイブ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲ムード歌謡
職業 コーラスグループロックバンド
活動期間 1971年 - 1977年
レーベル キングレコード
共同作業者 森山としはる 作詞家
平田満 作曲家
藤本卓也 作詞家/作曲家
メンバー 新田憲幸 梅村良一 原みつる
河村義明 藤沢礼明 中上修
内山田洋とクール・ファイブ

原みつるとシャネル・ファイブ(はら-)は、かつて存在した日本のコーラスグループロックバンドである。

略歴・概要[編集]

活動期[編集]

1971年(昭和46年)7月、藤本卓也作詞・作曲によるシングル『稚内ブルース』でキングレコードからレコードデビューした。同シングルは、ジャケット表面に「ダイナミック演法第一弾!!」と銘打たれ、演奏の実力を売り物にしており、またジャケット内面には、「知床から稚内へ」「長崎から北海道へ」という文言が書かれ、前年の最大のヒット曲のひとつ加藤登紀子の『知床旅情』(1970年)、長崎市で結成された当時の人気グループ「内山田洋とクール・ファイブ」が意識されていた[1]。リードヴォーカルは、1969年(昭和44年)に日本コロムビアからシングル『ここは東京六本木』でデビューした「原みつるとエリートメン」の原みつるである。同年、カヴァー中心のアルバム『稚内ブルース』をリリースした。

「ダイナミック演法」で知られる実力派グループであり、内山田洋とクール・ファイブに強烈な影響を受けたグループとしても知られる。演奏の技量は非常に高く[要出典]、原みつるのサポートでは歌謡曲を主に演奏していたが、新田憲幸のボーカルでは歌謡曲、ポップス、スタンダード、ディスコミュージックと実に幅広いジャンルを演奏していた[要出典]

北海道放送の関係会社がいくつかの楽曲の出版権をホールドしており、同局と関係が深い。元北海道放送のディレクターで、ジャッキー吉川とブルー・コメッツのシングル『愛の終りに』の作曲で知られる札幌の作曲家彩木雅夫も楽曲提供している。提供曲に限らず、彼が経営するミュージックキャップトーキョーが出版権をホールドしている曲もある。また、『港の五番町』は1988年(昭和63年)に五木ひろしがカヴァー、五木は同曲で「第30回日本レコード大賞」金賞を受賞、第39回NHK紅白歌合戦に出場している。

「原みつるとシャネル・ファイブ」名義でシングルを5枚、アルバムをオムニバス参加を含めて3枚、原が「平田満」としてソロデビュー後に、「シャネル・ファイブ」名義でシングル1枚、「平田満+シャネル・ファイブ」名義でシングル1枚、アルバム1枚をリリースしている。

その後[編集]

原みつるは、のちに1976年(昭和51年)、『愛の狩人』の歌手「平田満」としてソロデビューした。バックバンドは「シャネル・ファイブ」で、「平田満&シャネル・ファイブ」名義でアルバム『愛の狩人』をリリースしている。現在の活動は不詳である。

新田憲幸は、2004年(平成16年)現在、札幌でアマチュアバンド「アフターファイブ」のリードヴォーカル、ドラムスを担当しており、1960年代 - 1970年代の曲や、同バンドのオリジナル曲『夢をもう一度』等を演奏している。また、2009年(平成21年)現在、札幌でアマチュアバンド「JAVA-JIVE(ジャバジブ)」のリードヴォーカル、パーカッションを担当しており、ラテンロック、サンタナの曲を演奏し、札幌や小樽の音楽祭に積極的に参加している[2]

梅村良一は、2008年(平成20年)現在、札幌で、北欧系インストルメンタルのアマチュアバンド「ジャドウズ」でギターを担当しており、スプートニクスの楽曲等を演奏している[3]

現在、同バンドのオリジナル音源でCD化されているものは、『稚内ブルース』、『信ずる他にない』、『白い慕情』のみである[4]。カヴァー版の『長崎は今日も雨だった』はCD化され、オムニバス・アルバム『昭和のうた5 -昭和41年 - 61年-』(1989年)に収録された。

メンバー[編集]

データはデビュー時の公称[1]

  • 原みつる (本名平田睦篤、ヴォーカル、リーダー) - 身長173cm、体重55kg、趣味 つり
  • 新田憲幸 (ドラムス、ヴォーカル) - 身長165cm、体重54kg、趣味 ドライヴ (ファルセットが得意)
  • 梅村良一 (リードギター) - 身長168cm、体重56kg、趣味 ドライヴ、スキー
  • 河村義明 (ベースギター) - 身長165cm、体重47kg、趣味 映画、カメラ
  • 藤沢礼明 (ヴォーカル、パーカッション) - 身長168cm、体重55kg、趣味 ボウリング
  • 中上修 (キーボード) - 身長170cm、体重58kg、趣味 モダンジャズ、映画 (最年少メンバー)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

「原みつるとシャネル・ファイブ」名義[編集]

  • ハッキリ小唄 (1973年発売、キングレコード BS-1757)
    1. ハッキリ小唄 (作詞平田満・補詞森山としはる、作曲平田満、編曲) - 出版権日音
    2. すすきの情話 (作詞森山としはる、作曲平田満) - 出版権 ミュージックキャップトーキョー
  • くやし泣き (1974年8月発売、キングレコード BS-1848)
    1. くやし泣き (作詞森山としはる、作曲平田満)
    2. 夜のおとずれ (作詞・作曲平田満)

「シャネル・ファイブ」名義[編集]

アルバム[編集]

  • 愛の狩人 (平田満+シャネル・ファイブ、1976年発売、キングレコード SKD-383)
    1. 『愛の狩人』、『札幌 - 長崎おんな達』、『たった二年と二ヶ月で』、『ビューティフル・サンデー』、『おまえさん』、『東村山音頭』
    2. 『達者でナ』、『山の吊橋』、『ハッキリ小唄』、『裏切り者の旅』、『あほかい節』、『すすきの情話』

楽曲収録CD[編集]

  • 昭和のうた5 -昭和41年 - 61年- (1989年1月21日発売、キングレコード K30X-355)
    • 収録楽曲 『長崎は今日も雨だった』
  • ディスコ歌謡コレクション キング編 (2001年11月25日発売、Pヴァインレコード
    • 収録楽曲『ビューティフルサンデー』
  • 幻の名盤解放箱 (2005年2月18日発売、Pヴァインレコード)
    • 収録楽曲『稚内ブルース』『信ずる他にない』『白い慕情』 - VOL.7

[編集]

  1. ^ a b 原みつるとシャネル・ファイブのデビューシングル『稚内ブルース』(1971年発売、キングレコード)のジャケットおよび盤面の記述を参照。
  2. ^ ヤマハ公式サイト内の記事「LEGATOな仲間たち2JAVA-JIVEのブログ(「LEGATO」2004年秋号)の記述を参照
  3. ^ 讀賣新聞公式サイト内「北海道発・自悠時間」の記事「インストルメンタルバンド ジャドウズ (札幌市)」(武智敦子記者、2008年5月30日付)の記述を参照。記事掲載当時、梅村は59歳であった。
  4. ^ #外部リンク内のYahoo! ミュージック「幻の名盤解放歌集」リンク先の記述を参照。

関連事項[編集]