原始家族フリントストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
原始家族フリントストーン
ジャンル シットコムギャグアニメ
アニメ
監督 ウィリアム・ハンナジョセフ・バーベラ
アニメーション制作 ハンナ・バーベラ・プロダクション
製作 スクリーン・ジェムズ
ハンナ・バーベラ・プロダクション
放送局 アメリカ合衆国の旗 ABC
日本の旗 フジテレビ
発表期間 アメリカ合衆国の旗 1960年9月30日 - 1966年4月1日
日本の旗 1961年6月 - 1967年6月
テンプレート - ノート

原始家族フリントストーン(げんしかぞくフリントストーン、原題:The Flintstones)は、アメリカテレビアニメハンナ・バーベラ・プロダクション製作。全166話。

「Flint」は燧石火打石)を意味する。

概略[編集]

本作は、1950年代に放送されていたテレビドラマ「ザ・ハネムーナーズ」(The Honemooners)をもとに制作された(同作に主演していたジャッキー・グリーソンは、このアニメ作品について告訴を考えたものの断念した)。

アメリカではABCにて1960年9月30日から1966年4月1日まで放送。続編及びスピンオフ作品が数多く制作されている。日本では1961年6月からフジテレビで「恐妻天国」(野田醤油(現・キッコーマン)一社提供)、1963年7月から「ソーラ来た来た」の題名で放映された。登場人物は原始人であるが、多くの恐竜を使役し様々な石器を用いた、奇妙に現代的な生活や社会を描いたホームコメディ。

1980年代にはほのぼのレイクイメージキャラクターに採用されたことから、番組名も「ほのぼの家族」のタイトルでUHF独立局等で放映、新録音製作されたこともあり、その後もカートゥーン ネットワーク[1]などを通じて幾度も再放送されている。東京12チャンネル(現:テレビ東京)でも再放送された。

また、成長したペブルスとバンバンが登場する本作のスピンオフ作品『行け行けバンバン恐竜天国』(原題:Pebbles and BammBamm show)がある。

日本での放送時間[編集]

『恐妻天国』
  • 日曜20:30 - 21:00(1961年6月内)
  • 日曜20:00 - 20:30(1961年7月~1962年3月)
  • 火曜21:45 - 22:15(1962年4月~1967年6月)
『こんにちはフレッド』
『ソーラ来た来た』
『行け行けバンバン恐竜天国』
  • 金曜16:55 - 17:25(NETで放送。1975年5月9日~6月4日[2]
『ほのぼの家族』
  • KBS京都で火曜夜11時に再放送していた。

登場人物[編集]

日本語吹替キャストは60年代から80年代のTV版(フジテレビから独立局の順)と90年代に日本コロムビアから発売されたVHS

フレッド・フリントストーン (Frederick Joseph "Fred" Flintstone)
声 - 大平透/近石真介/関敬六/山崎唯/神山卓三(VHS)/北川勝博(長編)/英 - アラン・リード→ヘンリー・コーデン→ジェフ・バーグマン
フリントストーン家の大黒柱。原始時代のサラリーマン。毎回オープニングでは「ヤバダバドゥー!」と叫んでいる。
ウィルマ (Wilma Flintstone)
声 - 成田光子/香椎くに子/小原乃梨子/久里千春/佐々木優子(VHS)/幸田直子(長編)/英 - Jean Vander Pyl→クリステン・ジョンストン→トレス・マクニール
フレッドの妻。
バーニー・ラブル (Barney Rubble)
声 - 田の中勇/同左(VHS)/金子由之(長編)/メル・ブランク→ドーズ・バトラー→ハミルトン・キャンプ→フランク・ウェルカースティーヴン・ボールドウィンケビン・マイケル・リチャードソン
フリントストーン家の隣人でフレッドの親友。同じくサラリーマン。
ベティ (Betty Rubble)
声 - 向井真理子/富沢美智恵(VHS)/定岡小百合(長編)/英 - ビー・ベナデレット→ゲイリー・ジョンソン→Gay Autterson→BJ・ウォールド→グレイ・デライル→ジェーン・クラコフスキー
バーニーの妻。
ペブルス (Pebbles Flintstone)
フリントストーン家の長女。後の作品ではバンバンと結婚し2子をもうける。
バンバン (Bamm-Bamm Rubble)
声 - TARAKO鈴木正和(長編)
ラブル家の長男。名前は怪力で、棍棒で床や机を叩くことから。
ディノ(Dino)
声 - 小形満(長編)/英 - メル・ブランク→フランク・ウェルカー
フリントストーン家のペットの恐竜。

長編作品(劇場版アニメ、OVA)[編集]

  • 原始家族フリントストーン 吸血鬼ロッキュラとフランケンストーン
  • 原始家族フリントストーンのレッツ・ロカプルコ(原題:The Flintstones on the Rocks)
  • 原始家族フリントストーンのヤバ・ダバ・ドゥー (原題:The Flintstones: I Yabba-Dabba Do)
  • 原始家族フリントストーンのクリスマスキャロル(原題:A Flintstones Christmas Carol)

実写版[編集]

コンピューターゲーム[編集]

  • 『フリントストーン』(MD、1993年、タイトー、アクションゲーム)
    • オーソドックスな横スクロールアクションゲームで、細かいアニメーションとキャラクターの動きの再現度からゲーム化作品としての評価は比較的高め[3]

脚注[編集]

  1. ^ カートゥーンネットワークで放送しているテレビシリーズでは山崎が担当している『ほのぼの家族』の内容を放送しており、長編については声優・スタッフが異なる。
  2. ^ 最終回は水曜日に放送
  3. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p90

関連項目[編集]

フジテレビ 日曜20時台後半枠
前番組 番組名 次番組
恐妻天国
(1961年6月)
平凡
歌のバースデーショー

(第1期)
※火曜21:15より移動
フジテレビ系 日曜20時台前半枠
トップ屋
恐妻天国
(1961年7月 - 1962年3月)
シュガーフット
(19:30 - 20:30)
フジテレビ系 火曜21:45 - 22:15枠
黒岩重吾シリーズ
(21:45 - 22:30)
恐妻天国
(1962年4月 - 6月)
保安官ダン・トループ
フジテレビ系 土曜19時台後半枠
ソーラ来た来た
(1963年7月 - 10月)
壮烈!西部遊撃隊