原島宏治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
原島 宏治
はらしま こうじ
生年月日 1909年12月4日
出生地 東京都大田区
没年月日 (1964-12-09) 1964年12月9日(満55歳没)
出身校 東京府立青山師範学校
(現:東京学芸大学
所属政党 無所属→)
(公明政治連盟→)
公明党

在任期間 1964年11月17日 - 1964年12月9日

Sanshokuki2.svg 創価学会第3代理事長
在任期間 1960年5月3日 - 1964年12月9日
会長 池田大作

選挙区 全国区
当選回数 2回
在任期間 1959年6月2日 - 1964年12月9日

当選回数 1回
在任期間 1955年4月 - 1956年6月
テンプレートを表示

原島 宏治(はらしま こうじ、1909年明治42年〉12月4日 - 1964年昭和39年〉12月9日)は、日本政治家宗教家

東京都大田区議会議員(1期)、参議院議員(2期)、創価学会理事長(第3代)、公明党中央執行委員会委員長(初代)などを歴任した。

経歴[編集]

1909年明治42年)12月4日、東京都に生まれる。

1929年昭和4年)、東京府青山師範学校を卒業。

1940年(昭和15年)、創価教育学会(現:創価学会)に入会する。

1955年(昭和30年)、東京都大田区議会議員選挙に立候補し、当選。

1956年(昭和31年)7月8日第4回参議院議員通常選挙に立候補し、落選。

1959年(昭和34年)6月2日第5回参議院議員通常選挙に立候補し、当選する(以降2期)。

1960年(昭和35年)、第3代会長池田大作の就任と同時に、小泉隆の後任として創価学会理事長(第3代)に就任する。

1961年(昭和36年)、参議院議員と東京都議会議員が中心となり、公明政治連盟が結成され、公明政治連盟中央執行委員長に就任する。

1962年(昭和37年)7月1日、公明政治連盟幹事長に就任する。

1964年(昭和39年)11月17日公明党の結成に参加し、公明党委員長(初代)に就任。

同年12月9日、自宅で急性心筋梗塞を起こして倒れ、死去。享年55。

人物[編集]

  • 1943年(昭和18年)、当時の創価教育学会幹部が投獄された際、原島のところにも刑事が来たが、その刑事を折伏したと言われている[1]
  • 池田大作の創価学会第3代会長就任を強力に後押しした[1]
  • 亡くなる1週間前、長男の原島嵩に対して「私は名誉もいらない。地位もいらない。ただ、願っていることはただ1つ、立派な日蓮正宗の1信徒でありたい」との言葉を残している[1]

親族[編集]

役職歴[編集]

公明党[編集]

公明政治連盟[編集]

  • 中央執行委員長(初代)

公明会(参議院会派)[編集]

  • 幹事長

脚注[編集]

  1. ^ a b c 原島嵩 『絶望の淵より甦る-創価学会を脱会した歴史の生き証人 体験を通して真の信仰へ』 日新報道、2007年。ISBN 978-4817406453
公職
先代:
小泉隆
Sanshokuki2.svg創価学会理事長
第3代:1960年 - 1964年
次代:
和泉覚
党職
先代:
(結党)
Komeito logo.svg 公明党中央執行委員長
初代:1964年
次代:
辻武寿