原昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「原曻」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
日本の旗 日本の政治家
原 曻
はら のぼる
生年月日 (1922-05-08) 1922年5月8日
出生地 大阪府
没年月日 (2016-02-14) 2016年2月14日(満93歳没)
出身校 関西大学経済学部
前職 岸和田市長
所属政党 無所属

当選回数 8回
在任期間 1973年12月15日 - 2005年12月14日
テンプレートを表示

原 曻(はら のぼる、1922年5月8日 - 2016年2月14日)は、日本政治家。元大阪府岸和田市長。元大阪府市長会顧問。

来歴[編集]

大阪府出身。1956年関西大学経済学部を卒業後、岸和田市役所に入る。青少年課長、職員課長、総務部長を経て、1973年の岸和田市長選挙に立候補、社会党共産党の推薦を得て、当時4選を狙っていた自民推薦の現職・中澤米太郎をやぶり初当選する。泉州地域では初めて社共共闘による革新市長が誕生した。

定住外国人(主に在日朝鮮人)への地方参政権付与を認める決議を採択し、韓国の当時の大統領盧武鉉より修交勲章崇禮章を授与された。

その後市長を8期連続で務め、2005年に引退を表明する。

2016年2月14日、肺炎のため死去。没後、正七位から従四位に進階。[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成28年3月23日官報

関連項目[編集]