原暉之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原 暉之(はら てるゆき、1942年9月30日 - )は、日本の歴史学者北海道大学名誉教授。専門はロシア極東史。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著書『ウラジオストク物語』で1999年度アジア・太平洋賞特別賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『シベリア出兵――革命と干渉 1917-1922』(筑摩書房、1989年)
  • インディギルカ号の悲劇――1930年代のロシア極東』(筑摩書房、1993年)
  • 『ウラジオストク物語――ロシアとアジアが交わる街』(三省堂、1998年)

共編著[編集]

  • 藤本和貴夫)『危機の「社会主義」ソ連――スターリニズムとペレストロイカ』(社会評論社、1991年)
  • (外川継男)『講座スラブの世界 (8) スラブと日本』(弘文堂、1995年)
  • 山内昌之)『講座スラブの世界 (2) スラブの民族』(弘文堂、1995年)

訳書[編集]

  • ジョン・リード『世界をゆるがした十日間』(筑摩書房、1977年/ちくま文庫、1992年)