原毅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
原 毅人
Takato Hara
ポジション ガード
背番号 2
身長 174cm  (5 ft 9 in)
体重 72kg (159 lb)
血液型 A[1]
シューズ スポルディング
基本情報
ラテン文字 Takato Hara
誕生日 1988年3月4日(28歳)
日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
出身 東海大学付属相模高等学校
東海大学
ドラフト bjリーグ 2013年 2巡目 
選手経歴
2013-2014
2014-2015
2015-2016
青森ワッツ
埼玉ブロンコス
大分・愛媛ヒートデビルズ
指導者経歴
2016- 横浜ビー・コルセアーズ アカデミーコーチ

原 毅人 (はら たかと、1988年3月4日 - )は、日本のバスケットボール選手である。

来歴[編集]

1988年、神奈川県横浜市に生まれる。東海大相模高校3年次に2005年インターハイに出場し2回戦まで進んだ[2]

高校卒業後は東海大学に進学し、大学卒業とともに一旦選手生活から離れアメリカに渡り、ワシントン州立大学バスケットボール部のマネージャー職に就いた。しかし、選手としてプレイしたいという希望が再び湧き選手生活に復帰し、帰国後はストリートボールのSOMECITY、HOOPERSなどでプレイし、2012年には3×3日本代表として、ロシアで行われたFIBA 3×3World Tourに出場した[3][4][5]

またニッポン・トルネードに加わりアメリカ・IBLで戦った[6]

2013年のbjリーグドラフト会議において、青森ワッツに指名され入団する。背番号は4であった。スピードと判断力に加え英語に堪能である点も評価されての指名であった[7]。しかし11月、練習中に膝半月板を損傷し、長期離脱を余儀なくされた[8]。シーズン終盤の2014年4月に復帰したものの[9]、試合出場は8試合に留まった。シーズン終了後、青森は原との契約を更新せず[10]、原は埼玉ブロンコスに移籍した[11]

2014-15シーズン、原は47試合に出場し、1試合平均3.9得点、1.1アシストを記録した。ブロンコスはレギュラーシーズン6勝46敗、東地区12チーム中11位でシーズンを終えた。

2015-16シーズンはbjリーグ西地区の大分・愛媛ヒートデビルズに移籍[12]。原は25試合の先発出場を含む49試合に出場し、6.9得点、2.3アシストをあげた。チームは16勝34敗の10位に終わり、プレイオフ進出はならなかった。シーズン終了後、原は契約を解除し、出身地にある横浜ビー・コルセアーズのアカデミーコーチに転身した[13]

成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2013-14 青森 8 0 8.9 13.3 0.0 100.0 0.9 1.0 0.4 0.0 0.6 2.0
2014-15 埼玉 47 14 13.5 34.4 31.0 60.0 1.2 1.1 0.4 0.0 0.9 3.9
2015-16 大分 49 25 21.3 41.4 35.5 80.8 1.2 2.3 0.7 0.1 1.5 6.9

脚注[編集]

  1. ^ TAKATO”. HOOPERS. 2013年9月6日閲覧。
  2. ^ 試合結果”. basketball-zine. 2013年9月11日閲覧。
  3. ^ “bjリーグ・青森ワッツ所属の原毅人(はらたかと)選手と契約” (pdf) (プレスリリース), スポルディング・ジャパン, (2013年7月29日), http://www.spalding.co.jp/pressrelease/20130729takato_contract.pdf 2013年9月11日閲覧。 
  4. ^ 7チームが計10選手を指名! bjリーグドラフト会議2013”. スポーツコミュニケーションズ (2013年6月19日). 2013年9月11日閲覧。
  5. ^ “スポルディング・ジャパン bjリーグ青森ワッツの原毅人選手と契約”. Shoes post. (2013年7月30日). http://www.posty.co.jp/sp/atcl/?id=1375170780-863216 2013年9月11日閲覧。 
  6. ^ グッと来るプレイヤーが挑んだトライアウト最終選考の行方” (2013年6月14日). 2013年9月11日閲覧。
  7. ^ “バスケ・bjリーグ 青森ワッツが原選手ら3人指名”. 東奥日報. (2013年6月20日). http://www.47news.jp/sports/localsports/2013/06/post_20130620101725.html 2013年9月11日閲覧。 
  8. ^ “【チーム】選手負傷のお知らせ” (プレスリリース), 青森ワッツ, (2013年11月27日), http://www.aomori-wats.com/5414/ 2016年7月19日閲覧。 
  9. ^ “【チーム】#4 原 毅人選手 復帰のお知らせ” (プレスリリース), 青森ワッツ, (2014年4月2日), http://www.aomori-wats.com/8540/ 2016年7月17日閲覧。 
  10. ^ “2013-2014シーズン 青森ワッツ 選手契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 青森ワッツ, (2014年4月2日), http://www.aomori-wats.com/9749/ 2016年7月17日閲覧。 
  11. ^ “選手契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 埼玉ブロンコス, (2014年6月13日), http://broncos.sailog.jp/topics/2014/06/post-be8a-1.html 2016年7月19日閲覧。 
  12. ^ “原毅人選手(#2)移籍のお知らせ” (プレスリリース), 埼玉ブロンコス, (2015年7月2日), http://broncos.sailog.jp/topics/2015/07/2-865b.html 2016年7月19日閲覧。 
  13. ^ 原 毅人氏、アカデミーコーチ就任のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ バスケットボールアカデミー (2016年7月19日). 2016年7月19日閲覧。