原田佐治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原田 佐治郎(はらた[1]/ はらだ[2] さじろう、1850年4月24日(嘉永3年3月13日[3]) - 1916年大正5年)10月16日[2])は、明治から大正時代前期の政治家治水家貴族院多額納税者議員。旧姓は上原[1]

経歴[編集]

陸奥国津軽郡森田村西津軽郡森田村を経て現つがる市)の旧家上原家[注 1]に生まれる[1]。1904年(明治37年)12月に家督を相続[3]1891年(明治24年)から1903年(明治36年)まで西津軽郡会議員、同年から1907年(明治40年)まで青森県会議員を務めた[1]。この間、1891年(明治24年)から1916年(大正5年)の16年間に渡り、西津軽郡水利組合議員として水利事業の発展に貢献した[1]

1916年(大正5年)青森県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年8月16日から務めたが[2][4]、就任からわずか2か月後に死去した[1][5]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『大正人名辞典 第3版』1738頁では原田佐次右衛門の長男とあるが、養父のことか。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 東奥日報社 2002, 574頁.
  2. ^ a b c 衆議院、参議院 編 1960, 210頁.
  3. ^ a b 『大正人名辞典 第3版』1738頁。
  4. ^ 『官報』第1215号、大正5年8月17日。
  5. ^ 『官報』第1266号、大正5年10月19日。
  6. ^ 東奥日報社 2002, 575頁.

参考文献[編集]

  • 東洋新報社編『大正人名辞典 第3版』東洋新報社、1917年。
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 東奥日報社 編 『青森県人名事典』 東奥日報社、2002年。ISBN 4885610656。