原田佳奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
はらだ かな
原田 佳奈
生年月日 (1981-12-11) 1981年12月11日(35歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県北九州市八幡西区
身長 164cm
血液型 A型
職業 女優
活動期間 2002年 -
事務所 JFCT
公式サイト 原田佳奈 公式サイト【就活女優ハラカナ】

原田 佳奈(はらだ かな、1981年12月11日 - )は、日本女優JFCT所属。愛称はハラカナ。身長164cm、血液型A型。就活女優ハラカナとしても有名。

経歴・人物[編集]

福岡県北九州市八幡西区出身。西南女学院高校東京女子大学卒業。俳優養成所アクターズクリニックを卒業し、2002年テレビドラマ『おみやさん』でデビュー。

2004年2月より「私を主演に作品を撮って!」と自ら映画監督たちに直談判に行く活動をスタートした。これを「就職活動」と名付け、自らのキャッチフレーズを「就活女優ハラカナ」とする。活動の模様は、公式サイトで本人が日誌として公開していた。2006年9月20日にDVD『就活女優DVD』を発売している。

現在は、主に映画やテレビドラマで活動中である。

就活女優ハラカナ[編集]

原田佳奈自ら、映画監督に「私を主演に作品を撮って!」と直談判に行き、3分のショートフィルムをビデオカメラひとつだけ持って撮ってもらうというプロジェクト。主立ったこういった活動は2006年までにほぼ終了しており、2006年9月に発売されたDVDでそのドキュメンタリーと作品15本を観ることができる。同時期に放映された「カワズ君の検索生活」で、水野晴郎監督に就活をし、作品を残したことで話題になった。

本人は「就活女優という自分の原点を忘れないためにも、一生、就活女優は卒業しない」と、一生就活女優宣言をしている[1]

ベリベリショート1&2
就活女優の活動の一環で、公式ブログ内で無料で公開されている短編動画集。ベリベリショート1は週ごとに1テーマ掲げられ、一人だけで演じて、平日毎日更新された。ベリベリショート2は他の俳優を共演者として起用し、本格的なショートフィルムへと変わった。
シュウカツ定食
自身の活動を就活女優と呼んでいることから、2004年4月から7月頃、就職活動中の同世代の学生達を応援しようと企画を練り、シュウマイカツの定食「シュウカツ定食」(「就活定職」とのダブルミーニング)を発案し、東京都にある大学の学食にこのメニューを取り入れてもらうよう直談判し、その結果東京大学など主要大学の数校で取り入れてもらえた。2006年10月再び活動。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 音で怪獣を描いた男〜ゴジラVS伊福部昭〜(2014年7月6日、NHK BSプレミアム) - 伊福部アイ 役[10]

情報番組[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

インターネット[編集]

  • 就活女優☆ハラカナイト [1](2006年〜、GyaOジョッキーチャンネルで隔週放送) - ハラカナがいろいろなことを大学のように勉強していく番組。チャット募集で生演技をすることもあり。2007年2月13日からは「就活女優ハラカナ大学自己プロゼミ」に、その後更に「就活女優ハラカナイト2」にタイトルが変更された。2008年2月現在休止中。
  • 残業男ブログ。 - R25xWoooがコラボレーションした“WonderxFree”プロジェクトのブログ第一弾として、2008年1月9日より連載、2008年11月ごろ公開停止。残業の日々からの脱出を夢みるビジネスマン・加藤の片思いの後輩・ヒロイン佳奈として登場。

PV[編集]

ラジオ[編集]

広告[編集]

出版物[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 女性自身 2009年7月7日号 原田佳奈当人の記事
  2. ^ 劇場未公開作品 短編映画 シブヤ経済新聞
  3. ^ 役 下北沢シュワッチプログラム2004 下北沢シュワッチプログラム2004(Movie Walker)
  4. ^ オムニバス映画
  5. ^ ウェブ配信映画 ヒューマントラスト・シネマプレスリリース
  6. ^ オムニバス映画。
  7. ^ わたしたちの社会ニュース記事
  8. ^ 映画館指定上映 上映館情報
  9. ^ フジ日9版“マナカナ”誕生 三倉茉奈・原田佳奈『櫻子さん~』ゲスト出演 | ORICON NEWS
  10. ^ 番組内の再現ドラマに出演。
  11. ^ 青木さやかコーナーで就活女優の活動が紹介され、水野晴郎との交渉の様子、撮影、そして撮影されたショートムービーが数回の放送にわたって放送された。
  12. ^ BS11テレビ講座シリーズ。
  13. ^ NHK北九州放送局開局80周年記念企画番組。
  14. ^ AOKIプレスリリース(2012年2月21日)