原田儀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

原田 儀子(はらだ のりこ)は、日本フィギュアスケート選手(ペアスケーティングアイスダンス、女子シングル)。ペアのパートナーは橋口高次。アイスダンスのパートナーは西浜直敏、大浜崎譲二。1963年全日本フィギュアスケート選手権優勝。

経歴[編集]

1963年橋口高次とカップルを組み、全日本選手権のアイスダンス競技で優勝する[1]。その後、女子シングルに転向し、1965年全日本ジュニア選手権では3位に入った。

1967年、ペアに転向し、西浜直敏とカップルを組み全日本ジュニア選手権で2位となる。1968年、大浜崎譲二とカップルを組み直し、全日本選手権で石川洋子/西浜組に次いで2位となる[2]

主な戦績[編集]

  • 1963-64シーズンはペアで橋口高次とカップル。
  • 1965-66シーズンは女子シングル。
  • 1967-68シーズンはアイスダンスで西浜直敏とカップル。
  • 1968-69シーズンはアイスダンスで大浜崎譲二とカップル。
大会/年 1963-64 1964-65 1965-66 1966-67 1967-68 1968-69
全日本選手権 1 2
全日本ジュニア選手権 3 2

脚注[編集]

  1. ^ 日本スケート連盟 フィギュア記録 ペア
  2. ^ 日本スケート連盟 フィギュア歴代記録 アイスダンス