原田実 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原田 実
(はらだ みのる)
ペンネーム 伊集院卿
誕生 1961年
広島市中区
職業 歴史研究家・文明史家・作家
教育 文学士(龍谷大学
最終学歴 龍谷大学文学部仏教学科卒業。
活動期間 1984年(昭和59年) -
主題 偽史偽書疑似科学批判・サブカルチャー
文学活動市民の古代研究会代表、と学会会員、ASIOS会員、南京学会会員
デビュー作幻想の超古代史』(1989年)
公式サイト www8.ocn.ne.jp/~douji/
テンプレートを表示

原田 実(はらだ みのる、1961年(昭和36年) - )は歴史研究家・文明史家・作家

略歴[編集]

広島市中区出身。修道高等学校を経て[1]1983年(昭和58年)に龍谷大学文学部仏教学科卒業(学士)。1984年(昭和59年)から3年半、オカルト系出版社八幡書店に勤務、古史古伝・霊学書籍の広告を担当した。また、伊集院卿のペンネームで雑誌『ムー』に記事を執筆。

その後、広島大学研究生を経て、1991年(平成3年) - 1993年(平成5年)に昭和薬科大学文化史研究室にて、古田武彦の下で助手を務める(最初の1年は事務助手(副手))[2]

1995年(平成7年)パシフィック・ウエスタン大学博士課程修了(Ph.D.)。なお、パシフィック・ウエスタン大学は非認可の学校で判決によって閉鎖された(ディプロマミル)。『ゼンボウ』1996(平成8年)9月号には、史学博士とある。

元「市民の古代研究会」代表(2001年(平成13年)-2002年(平成14年))。と学会およびASIOS[3]の会員でもある。『トンデモ本の逆襲』あとがきには「自分の著作を送ってきた読者」の一人として書名『幻想の津軽王国』と共に紹介されているため、その後の入会と思われがちだが実際の入会は1994年(平成6年)である。雑誌『ゼンボウ(全貌社刊)』[4]、『正論[4]、『新潮45[4]、『季刊邪馬台国[4]などに寄稿している。また、シャーロキアンでもある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『幻想の超古代史 『竹内文献』と神代史論の源流』 批評社、1989年11月。ISBN 4-8265-0108-0。
  • 『日本王権と穆王伝承 西域神仏譚の日本的受容』 批評社、1990年7月。ISBN 4-8265-0118-8。
  • 『もう一つの「高天原」 古代近江文化圏試論』 批評社、1991年6月。ISBN 4-8265-0128-5。
  • 『黄金伝説と仏陀伝 聖伝に隠された東西交流』 人文書院、1992年11月。ISBN 4-409-41054-7。
  • 『優曇華花咲く邪馬台国 倭人伝では邪馬台国は解けない』 批評社、1994年7月。ISBN 4-8265-0174-9。
  • 『怪獣のいる精神史 フランケンシュタインからゴジラまで』 風塵社、1995年2月。ISBN 4-938733-16-1。
  • 『幻想の津軽王国 『東日流外三郡誌』の迷宮』 批評社、1995年5月。ISBN 4-8265-0189-7。
    • 『幻想の津軽王国 『東日流外三郡誌』の迷宮』 批評社、1998年9月、新装版。ISBN 4-8265-0189-7。
  • 『幻想の古代王朝 ヤマト朝廷以前の「日本」史』 批評社、1998年2月。ISBN 4-8265-0248-6。
  • 円谷プロダクション監修 『ウルトラマン幻想譜 M78星雲の原点を探る』 風塵社、1998年9月。ISBN 4-938733-51-X。
  • 森野達弥画、原田実文 『怪物幻想画集』 風塵社、1999年2月。ISBN 4-938733-59-5。
  • 『幻想の荒覇吐(アラハバキ)秘史 『東日流外三郡誌』の泥濘』 批評社、1999年3月。ISBN 4-8265-0271-0。
  • 『幻想の多元的古代 万世一系イデオロギーの超克』 批評社、2000年2月。ISBN 4-8265-0295-8。
  • 『邪馬台国浪漫譚 平塚川添遺跡とあさくら路』 甘木朝倉広域観光協会監修、梓書院、2004年5月。ISBN 4-87035-222-2。
  • 『『古事記』異端の神々』1、ビイング・ネット・プレス〈太古日本の封印された神々〉、2005年7月。ISBN 4-434-06194-1。
  • 『『古史古伝』異端の神々』2、ビイング・ネット・プレス〈太古日本の封印された神々〉、2006年3月。ISBN 4-434-07409-1。
  • 『原田実の日本霊能史講座』 原田実講師、杉並春男聞き手、楽工社〈と学会レポート〉、2006年10月。ISBN 4-903063-05-4。
  • 『図説神代文字入門 読める書ける使える』 ビイング・ネット・プレス、2007年2月。ISBN 978-4-434-10165-6。
  • 『トンデモ日本史の真相 と学会的偽史学講義』 文芸社、2007年6月。ISBN 978-4-286-02751-7。
    • 『トンデモ日本史の真相 史跡お宝編』 文芸社〈文芸社文庫 は1-1〉、2011年2月。ISBN 978-4-286-10302-0。
    • 『トンデモ日本史の真相 人物伝承編』 文芸社〈文芸社文庫 は1-2〉、2011年4月。ISBN 978-4-286-10809-4。
  • 『日本化け物史講座』 楽工社、2008年2月。ISBN 978-4-903063-17-1。
  • 『トンデモ偽史の世界』 楽工社、2008年9月。ISBN 978-4-903063-24-9。
  • 『日本の神々をサブカル世界に大追跡 古代史ブーム・データブック』 ビイング・ネット・プレス、2008年10月。ISBN 978-4-904117-08-8。
  • 『日本トンデモ人物伝』 文芸社、2009年11月。ISBN 978-4-286-08391-9。
  • 『もののけの正体 怪談はこうして生まれた』 新潮社〈新潮新書 381〉、2010年8月。ISBN 978-4-10-610381-0。
  • 『つくられる古代史 重大な発見でも、なぜ新聞・テレビは報道しないのか』 新人物往来社、2011年7月。ISBN 978-4-404-04049-7。
  • 『オカルト「超」入門』 星海社〈星海社新書 17〉、2012年5月。ISBN 978-4-06-138519-1。
  • 『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』 星海社〈星海社新書 52〉、2014年8月。ISBN 978-4-06-138555-9。
  • 『江戸しぐさの終焉』 星海社〈星海社新書 77〉、2016年2月。ISBN 978-4-06-138582-5。

共著・編著・共編著[編集]

  • 『日本史が危ない! 偽書『東日流外三郡誌』の正体』 原正壽編著、安本美典共著、全貌社、1999年9月。ISBN 4-7938-0155-2。
  • 『津軽発『東日流外三郡誌』騒動 東北人が解く偽書問題の真相』 原田実編、三上強二監修、批評社、2000年12月。ISBN 4-8265-0320-2。
  • 森瀬繚日暮雅通北原尚彦平山雄一共著 『シャーロック・ホームズ・イレギュラーズ 未公表事件カタログ』 森瀬繚・クロノスケープ編、日暮雅通監修、エンターブレイン、2008年12月。ISBN 978-4-7577-4571-1。
  • 『「古史古伝」と「偽書」の謎を読む 危険な歴史書』 『歴史読本』編集部/編、新人物往来社、2012年3月24日。ISBN 978-4-404-04167-8。
    • 「古史古伝論争」とは何だったのか、原田実、pp.6-16
    • 「古史古伝」の出現と近代日本の迷走――特別座談会――、田中聡長山靖生・原田実/述、pp.114-154
    • 「但馬故事記」五つの謎、原田実、pp.180-187
  • 宋美玄 ほか 「第4章-教育」『各分野の専門家が伝える 子供を守るために知っておきたいこと』 メタモル出版、2016年7月25日。ISBN 978-4-89595-898-1。

監修[編集]

  • オフィステイクオー 『偽史と奇書が描くトンデモ日本史』 原田実 監修、実業之日本社〈じっぴコンパクト新書 308〉、2017年1月。ISBN 978-4-408-11205-3。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国新聞朝刊2000年2月26日27頁
  2. ^ 後に、昭和薬科大学は文化史研究室を廃止している。
  3. ^ 原田実. “『東日流外三郡誌』は古代東北の真の歴史を伝える古文書か?”. ASIOS. 2011年2月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 原田実主要業績一覧

関連項目[編集]