原田岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原田 岳 Football pictogram.svg
名前
愛称 がっくん
カタカナ ハラダ ガク
ラテン文字 HARADA Gaku
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-05-22) 1998年5月22日(21歳)
出身地 岩手県
身長 188cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 SC相模原
ポジション GK
背番号 32
利き足 右足
ユース
2008-2010 バディーSC
2011-2013 横浜F・マリノスジュニアユース
2014-2016 横浜F・マリノスユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- 横浜F・マリノス 0 (0)
2019- SC相模原 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月19日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

原田 岳(はらだ がく、1998年5月22日 - )は、岩手県出身のプロサッカー選手JリーグSC相模原所属。ポジションはゴールキーパー

略歴[編集]

小学生~ユース年代[編集]

小学生時代は横浜市のバディーSCでプレーし、2010年の全日本少年サッカー大会優勝に貢献した(当時の体格は162cm、45kg[1])。

中学からは横浜F・マリノスのジュニアユースに加入した。ジュニアユースでは、2013年に日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会で優勝し、堂安律渡辺皓太らとともに大会優秀選手に選出された[2]

2014年、高校1年生になると順調に横浜F・マリノスユースに昇格するも、当時高校3年生のGK田口潤人の牙城を崩すことは出来ず出場機会は限られた。

翌2015年には高校2年生にしてレギュラー争いを演じチームのプレミア昇格とクラブユース選手権優勝に貢献した[3]

2016年、高校3年生になると同学年の千田奎斗と「ユース年代ナンバーワンの熾烈なポジション争い」[4]を繰り広げ、2016年2月には二人ともトップチームに2種登録された[5]

横浜F・マリノス[編集]

2016年10月25日、2017年から横浜F・マリノスのトップチームに昇格することが発表され[6]、「子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ嬉しく思います。ゴールキーパーとして日本のサッカーを引っ張っていける選手になりたいです。これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに、1年目から試合に出られるように頑張っていきたいと思います。」[7]と意気込みを語った。このときの体格は187cm、79kgであった[7]

トップチームに昇格した2017年はルヴァンカップで2試合にベンチ入りしたものの、リーグ・天皇杯含め出場はなかったが、[8]「人生で一番練習した年だった」として、「今日できたことを明日はもっと良くする、今日できなかったことを明日はできるようにする。そうやってシゲさんと話し合いながら取り組んできて、自分でも分かるくらいプレーの質が変わってきました。」とプロ1年目を振り返った[9]

2018年、7月11日に行われた天皇杯3回戦の横浜FC戦でベンチ入り[10]すると、7月18日のベガルタ仙台戦ではリーグ戦初のベンチ入りを果たした[11]。「大樹くん(飯倉大樹)がけがをしたときは自分が出るというポジションになった。ピッチに立ったときに堂々としていられる準備はしていきたい。(出場機会が急きょ訪れても)そのために練習しているので、しっかりやってきたと信じてプレーするだけ」[12]と試合出場に意欲を見せるも、出場には至らなかった。試合は8-2で勝利した[13]

2019年7月19日、SC相模原育成型期限付きする事を発表した[14]

人物・エピソード[編集]

  • 目指すGK像は「チェフアーセナル)やデ・ヘアマンチェスター・ユナイテッド)のようなクラシックタイプのGK[15]
  • 同期の吉尾海夏とはジュニアユースから一緒にプレーしていて実家も近く、オフには二人連れ添い出かける仲である。横浜F・マリノスの寮では隣部屋同士だった。自動車教習所も同じところに通い、入校日も卒業日まで同じだった。免許取得日には二人で二子玉川まで高速道路をドライブして遠藤渓太の誕生日プレゼントを買いに行った。往きは原田、帰りは吉尾がドライバーを務めた[16]
  • シュート練習では中村俊輔のシュートを意外と止めていたとインタビューで話している[15]
  • 代理人は佃ロベルトが代表取締役を務めるスポーツコンサルティングジャパン[17]

所属クラブ[編集]

ユース年代
プロ

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 横浜FM 32 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 0 0 0 0 0 0 0 0
2019 0 0 0 0 0 0 0 0
相模原 J3 - -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J3 - -
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

バディーSC
横浜F・マリノスジュニアユース
神奈川県選抜
横浜F・マリノスユース

代表歴[編集]

  • U-15日本代表
    • AFC U-16選手権予選(2013年)
  • U-16日本代表(2014年)

脚注[編集]

  1. ^ プロパガンダファクトリー:2010年08月06日 - livedoor Blog(ブログ)”. blog.livedoor.jp. 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ [クラブユース選手権U-15大会優秀選手に日本一・横浜FMジュニアユースから6名]” (日本語). ゲキサカ. 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ 【U-18プレミアリーグ参入戦】育成の老舗クラブ・横浜FMユースがついに最高峰の舞台へ | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2019年1月23日閲覧。
  4. ^ 高円宮杯プレミアリーグで目撃せよ!!十代のゴールキーパー達の青春。(安藤隆人)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2019年1月23日閲覧。
  5. ^ 登録選手追加・変更・抹消のお知らせ(2016/02/12):Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp(日本プロサッカーリーグ). 2019年1月23日閲覧。
  6. ^ 原田岳選手、吉尾海夏選手 トップチーム昇格決定のお知らせ 横浜F・マリノス公式サイト(2016年10月25日)2017年1月9日閲覧。
  7. ^ a b 横浜FMの名に恥じない選手に…ユース所属のGK原田岳とMF吉尾海夏が来季トップ昇格へ” (日本語). ゲキサカ. 2019年1月23日閲覧。
  8. ^ 2017 | 試合日程・結果 | 試合”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2019年1月23日閲覧。
  9. ^ 「F・マリノスに育ててもらってプロになることができました。いつかチームを優勝させて恩返ししたい」(原田) [ルーキー対談:吉尾海夏・原田岳(前編) | 「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン]” (日本語). 藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」 (2018年1月3日). 2019年1月23日閲覧。
  10. ^ 2018 天皇杯 3回戦 vs横浜FC | 2018 | 試合”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2019年1月23日閲覧。
  11. ^ 2018 明治安田J1 第16節 vsベガルタ仙台 | 2018 | 試合”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2019年1月23日閲覧。
  12. ^ [横浜FM]GK原田岳が念願のリーグ戦初のベンチ入りへ « サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA - Jリーグ練習場レポート毎日更新!”. blogola.jp. 2019年1月23日閲覧。
  13. ^ 2018 明治安田J1 第16節 vsベガルタ仙台 | 2018 | 試合”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2019年1月23日閲覧。
  14. ^ 原田岳選手 横浜F・マリノスより育成型期限付き移籍加入のお知らせSC相模原 2019年7月19日
  15. ^ a b -F・マリノスでシュートが上手いと思う選手は? : 鈴木「渓太」 杉本&原田「翔くん」 飯倉「コサ(小坂雄樹コーチ)」[F・マリノスGK座談会vol.2 | 「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン]” (日本語). 藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」 (2017年12月6日). 2019年1月23日閲覧。
  16. ^ 「親と食事をしている時に佑二さんの話題になって『あなたは本当に幸せ者だね』と言われました。僕にとっては日本一の先輩です」(吉尾) [ルーキー対談:吉尾海夏・原田岳(後編) | 「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン]” (日本語). 藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」 (2018年1月10日). 2019年1月23日閲覧。
  17. ^ 原田岳|Gaku Harada|スポーツコンサルティングジャパン”. sportconsulting.jp. 2019年1月23日閲覧。

関連項目[編集]