原田貞介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原田貞介

原田 貞介(はらだ ていすけ、慶応元年3月7日1865年4月2日[1][2] - 1937年昭和12年)9月30日[2])は、明治から大正時代の土木技術者内務技監。

経歴・人物[編集]

原田精一の長男として周防国(現・山口県)に生まれ、1900年(明治33年)11月に家督を相続する[1]1883年(明治16年)旧東京大学理学部に入学するが、1886年(明治19年)退学し、ドイツに留学[2]。シャロッテンブルグ高等工芸学校に入学し、1891年(明治24年)卒業する[2]。翌年の1892年(明治25年)5月、内務省に入省し、土木監督署技師、1898年(明治31年)第4区(名古屋)土木監督署長、1905年(明治38年)名古屋土木出張所長、1911年(明治44年)下関土木出張所長を経て、1918年(大正7年)内務技監となり、1924年(大正13年)退官した[1][2]。ほか、港湾調査会委員、臨時治水調査会委員、帝都復興院参与、土木学会第8代会長など要職を歴任した[2]1932年(昭和7年)9月27日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3]

任官中、中国へ渡り漢口の護岸工事などを指導[2]。また、沖野忠雄と共に明治改修に尽力した[4]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 人事興信所 1915, は36頁.
  2. ^ a b c d e f g 公益社団法人 土木学会 歴代会長紹介、2019年6月5日閲覧。
  3. ^ 『官報』第1725号、昭和7年9月28日。
  4. ^ 歴史が語る、治水の変遷│32号 治水家の統(すべ):機関誌『水の文化』│ミツカン 水の文化センター、2019年6月5日閲覧。
  5. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。

参考文献[編集]