原田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原田 進(はらだ すすむ、1947年 - )は、日本グラフィックデザイナークリエイティブ・ディレクター福岡県出身。

主にコーポレートアイデンティティの分野で活動し、自らを「CIデザイナー」または「ブランドデザイナー」と称している。プラクシス株式会社代表取締役[1]

これまでに、CI プロジェクトは、パイオニアファミリーマートメグミルクなど[2]をはじめ、製造小売建築金融メディア通信交通流通エネルギー教育機関自治体 等、さまざまな分野を担当している。

略歴[編集]

主な作品[編集]

原田は約400社の企業ブランドデザインを担当した[1][2]

日本国外[編集]

  • ファーストユニオン銀行 (米) VI システム
  • フレンドリーチェーンレストラン (米) VI システム
  • ロイヤル・クラウン社 (米) VI システム
  • アメリトラスト銀行 (米) VI システム
  • ベトロン石油 (加) VI システム
  • ABM広告代理店 (英) VI システム
  • ロンドン地下鉄北線駅 (英) VI システム
  • エノトリアワイン (伊) VI システム
  • BDP / MTP 社
  • 中華石油 (台) VI システム


日本[編集]


著書[編集]

  • 『CIデザイニング : 企業イメージ創造のプロセス』 実務教育出版、1989年。ISBN 4-7889-1378-X。
  • 『企業ブランドデザイニング』 実務教育出版、2003年。ISBN 4-7889-0710-0。
  • 『社長さん!つべこべいわずにパソコンはMACを使いなさい』 明日香出版社1994年。ISBN 4-87030-692-1。

参考文献[編集]

  • 資料 マーク・シンボル・ロゴタイプ・カラー篇 (6) グラフィック社 1995年
  • CI デザイニング 実務教育出版 1989年

脚注[編集]