厳州 (広西)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

厳州(嚴州、げんしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から北宋初年にかけて、現在の広西チワン族自治区合山市来賓市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

666年乾封元年)、唐が生獠を帰順させると、厳州と3県が置かれた。742年天宝元年)、厳州は修徳郡と改称された。758年乾元元年)、修徳郡は厳州の称にもどされた。厳州は嶺南道の邕管十州に属し、来賓循徳帰化の3県を管轄した[1]

974年開宝7年)、北宋により厳州は廃止され、象州に編入された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志四
  2. ^ 宋史』地理志六