厳敏永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

厳 敏永(オム ミニョン、1915年2月4日 - 1969年12月10日[1])は、日本統治時代の朝鮮および大韓民国政治家官僚。日本名は雉山 敏夫(きじやま としお)。

生涯[編集]

慶尚北道慶山郡にて誕生。1939年に九州帝国大学法文学部を卒業。高等文官試験行政科に合格して朝鮮総督府の官吏となった。日本統治時代末期に、全羅北道任実郡茂朱郡の郡守を務めた。

太平洋戦争大東亜戦争)終戦後は、全羅北道農商部長と全羅南道農林局長を務めた。その後は教育職に転向し、大邱大学校教授とソウル大学校法科大学教授を務めた。1957年に慶煕大学校法学部の学部長に就任。

1960年の四月革命により第一共和国が崩壊した後は、民主党所属で参議院議員に当選。1961年に5・16軍事クーデターが発生すると、金度演が主導した自由民主党に合流。だが自由民主党の旧民主党系で内紛が発生し、蘇宣奎と衝突。厳敏永は自分の会派を率いて民主共和党へ移動[2]朴正熙は厳敏永を国家再建最高会議議長顧問に起用した。第三共和国にて内務部長官を2度務め、1967年より駐日大使に着任。在任中の1969年12月10日に54歳で逝去した。

参考資料[編集]

注釈[編集]

  1. ^ “嚴敏永 주일대사 별세. 16일 외무부장 거행”. 朝鮮日報. (1969年12月11日). p. p.1 
  2. ^ “공화당에 嚴敏永씨계 합류선언. 자민당 완전히 두조각”. 朝鮮日報. (1963年7月31日). p. p.2 
公職
先代:
李啓純
楊燦宇
大韓民国の旗 大韓民国内務部長官
第28代:1963 - 1964
第30代:1966 - 1967
次代:
楊燦宇
李澔
外交職
先代:
金東祚
大韓民国の旗 駐日大韓民国大使
第2代:1967 - 1969
次代:
李厚洛