厳稜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

厳稜(厳㥄、げん りょう、生没年不詳)は、中国南北朝時代の人物。本貫馮翊郡臨晋県

経歴[編集]

華北の戦乱を避けて、黄河の南の地方に避難した。南朝宋の広威将軍・陳留郡太守に任じられ、倉垣に駐屯した。422年泰常7年)、北魏の山陽公奚斤が南征して潁川に進軍してくると、厳稜は文武の官500人を率いて奚斤に降伏し、冀州明元帝のもとに送られた。平遠将軍の位を受け、郃陽侯の爵位を受けて、仮の荊州刺史となった。明元帝に従って南征し、帰還すると上客となった。太武帝が即位すると、中山郡太守に任じられ、清廉な統治で評価された。自邸で死去した。享年は90。

子に厳雅玉があり、郃陽侯の爵位を嗣ぎ、平南将軍・東兗州刺史となった。

伝記資料[編集]