去勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
トルコの去勢(1466年)

去勢(きょせい、英語:castration)とは、人間、または動物生殖に必要な部位を切除し、種として生殖不能な状態とすることをいう。



概説[編集]

手術による去勢は「去勢術」と呼ばれ、男性(動物なら雄)においては睾丸の摘出(場合によっては陰茎の切断を伴う)、女性(動物なら雌)においては卵巣の摘出(場合によっては子宮と一緒に摘出)をいう。

幼去勢
第二性徴以前の個体の去勢
熟去勢
成熟した個体の去勢
半去勢
片方の睾丸のみの摘出
全去勢
陰茎・両睾丸・陰嚢を含めた男子外性器すべての切除

去勢された者は閹人(えんじん)と呼ばれる場合がある。

動物[編集]

現在は家畜ペット競走馬などに施されることが多く、雌が不用意に子を産み増やすのを防止したり、特に雄の攻撃的な性質などを喪失させる目的で行われたりすることが多い。また、食肉用家畜の雄は去勢することによって肉質がよくなる。雄に対しての去勢は俗に玉抜きと呼ぶ場合もある。去勢すると生殖機能が失われるため、子孫を残すことは出来なくなる。競走馬においては去勢された馬は騸馬と呼ばれる。牡馬(雄の馬)に対して行われるのが一般的で、牝馬(雌の馬)を去勢することは滅多に無い。気性の悪さが原因で良い成績を出せない馬に行われることが多いが、去勢されることによって気性が良化し、良い成績を出す馬もいる。

ヒト[編集]

ヒトにおいては古代や中世には刑罰として行われることも少なくなかったが、その後廃止された。また、古代中国などでの宦官や近代以前のヨーロッパでのカストラートなど目的や必要条件に応じて、意図的に多くのヒトに対して行われたケースもあった。また、男に対する通過儀礼として睾丸の片方を切除する部族もあり、半去勢と呼ばれる。

なお、いわゆる性同一性障害をもつヒトの中には自ら去勢する者が存在するが、性同一性障害をもつヒトのすべてではない。

化学的去勢[編集]

化学的去勢は、アンドロゲン除去療法とも呼ばれ、抗アンドロゲン薬を利用した、性的欲求及び性機能を思春期前の水準まで低下させる治療をいう[1]

2015年現在で化学的去勢を実施している国と地域は米国の8つの州およびカナダドイツオランダポーランドスイスデンマークスウェーデンフィンランドノルウェーモルドバ韓国である[2]

化学的去勢に用いられる薬物は、欧州では主として酢酸シプロテロン(CPA)、アメリカでは主としてメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA)であるが、近年では、リュープロレリン、ゴセレリン、トリプトレリンのような、CPAやMPAと比べて高価であるが効力が高いとされるGnRHアゴニストの使用が増加している[3]

化学的去勢は刑事罰というよりも異常な性的衝動を持つ性的倒錯者に対する治療という建前となっており、身体刑とは扱われない。

異常性癖としての去勢 [編集]

一部のマゾヒストの男性は、男性器や睾丸などを切除、若しくは破壊される事に性的興奮を覚える事がある。

近年では上記の様な男性に向け、映像作品や音声作品、イラスト、漫画、小説などが販売されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小沢春希「性犯罪者の化学的去勢をめぐる現状と課題」『レファレンス』 2019年 824号 p.25-47, 国立国会図書館
  2. ^ 姜暻來、「韓国における性犯罪者に対する化学的去勢―性暴力犯罪者の性衝動薬物治療に関する法律の概観」『比較法雑誌』 2012年 46巻 2号 p.75-102, ISSN 0010-4116, 日本比較法研究所
  3. ^ 小沢春希「性犯罪者の化学的去勢をめぐる現状と課題」『レファレンス』 2019年 824号 p.25-47, 国立国会図書館

関連項目[編集]