参照基準大気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参照標準大気(さんしょうひょうじゅんたいき、ANR; : Atmosphere Normale de Reference)とは、「温度20 、絶対圧101.3 kPa (760 mmHg)、相対湿度65 %の空気」を意味する。

空圧部品の性能に関する空気の流量は圧力・温度で変化するので、基準の条件を設けている。流量表示のあとに付記される。

日本国内で標準大気換算の流量は従来、NL/min(ノルマルリッターパーミニ)などの表記が使われてきた。

関連項目[編集]