及位インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
及位インターチェンジ
所属路線 E13 主寝坂道路
東北中央自動車道
中田IC (5.0 km)
所属路線 E13 真室川雄勝道路(東北中央自動車道)
(7.3 km) 上院内IC►
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0344.svg国道344号
供用開始日 2005年平成17年)11月5日
通行台数 x台/日
所在地 999-5602
山形県最上郡真室川町及位
テンプレートを表示

及位インターチェンジ(のぞきインターチェンジ)とは、山形県最上郡真室川町及位にある、主寝坂道路及び真室川雄勝道路インターチェンジである。

及位IC以北が事業化されていないため、インターチェンジとしては未完成であり、主寝坂道路と国道13号(国道344号線と重複)を結ぶ暫定出入口が設置されている。

2013年現在、道路管理者である国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所のウェブサイト等では「真室川インターチェンジ」という名称は用いていない。また、平成25年度 東北地方整備局の事業概要では、2013年度より未着手の真室川雄勝道路について「計画段階評価を進めるための調査」を行う区間に指定された[1]

歴史[編集]

  • 1996年平成8年)度 : 主寝坂道路が事業化する[2]
  • 2000年(平成12年)度 : 主寝坂道路の工事に着手する[2]
  • 2005年(平成17年)11月5日 : 主寝坂道路の中田仮出入口(現・中田IC)- 及位IC間が開通する[3]
  • 2013年(平成25年)度 : 真室川雄勝道路が計画段階評価を進めるための調査区間に指定される[1]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

交通アクセス[編集]

  • 及位ICを降りて国道13号線を南進し、新及位から山形県道35号真室川鮭川線を進むと、真室川町北部を縦貫して、真室川市街へと至る。(現在、真室川町新町から同町川ノ内の区間に県道真室川鮭川線バイパス(幅員11メートルの八敷代橋を含む)が開通しており、県道真室川鮭川線の大型車の通行禁止は解除された。かつては、県道真室川鮭川線(真室川町新町から同町川ノ内の区間)は、大型車が通行禁止されていたことがあり、理由としては、真室川町新町から同町川ノ内の区間にある八敷代橋(幅員4.5メートルの旧八敷代橋)が重量制限が14トンだったことであると思われる。)

[編集]

E13 主寝坂道路東北中央自動車道
中田IC - 及位IC
E13 真室川雄勝道路(東北中央自動車道)
及位IC - 上院内IC(仮称)(事業中)

※及位 - 上院内間は事業化されていないが、2013年度より調査区間に位置づけられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成25年度 東北地方整備局の事業概要 (PDF)”. p. 14 (2013年5月16日). 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ a b 道路事業 事後評価 一般国道13号 主寝坂道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2013年1月29日). 2017年2月23日閲覧。
  3. ^ 一般国道13号主寝坂道路の部分開通について 〜11月5日(土)に部分開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2005年10月3日). 2017年2月23日閲覧。

関連項目[編集]