友桐夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
友桐 夏
(ともぎり なつ)
誕生 1976年6月8日(38歳)
日本の旗 滋賀県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2005年 -
ジャンル 少女小説
推理小説
代表作 『白い花の舞い散る時間』(2005年)
主な受賞歴 ロマン大賞佳作(2005年度)
処女作 『白い花の舞い散る時間』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

友桐 夏(ともぎり なつ、 1976年6月8日 - )は、日本の小説家推理作家滋賀県に生まれ、同県で育つ[1]

経歴[編集]

2005年、「ガールズレビューステイ」で集英社が主催するロマン大賞佳作に入選し(同時入選は広瀬晶『螺旋の王国』[2])、作家としてデビューする。『白い花の舞い散る時間』と改題し刊行される[1]。 以降、2007年までに、デビュー作を含めて4つの作品を集英社コバルト文庫から上梓する。いずれも、少女の心を鮮烈に描いたミステリー作品となっており、一部の読者からは熱狂的な支持を得た[3]

2012年、5年間の沈黙を破り、初の一般文芸作品『星を撃ち落とす』を東京創元社ミステリ・フロンティアから上梓する[3]

作品リスト[編集]

リリカル・ミステリーシリーズ[編集]

  • 白い花の舞い散る時間(2005年9月 コバルト文庫
  • 春待ちの姫君たち(2005年11月 コバルト文庫 / 2014年2月 創元推理文庫
  • 盤上の四重奏(2006年3月 コバルト文庫)
  • 楽園ヴァイオリン(2007年4月 コバルト文庫)

ノンシリーズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b リリカル・ミステリー 盤上の四重奏
  2. ^ 螺旋の王国 (コバルト文庫)
  3. ^ a b 星を撃ち落とす (ミステリ・フロンティア)