友田明美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

友田 明美(ともだ あけみ、女性)は、日本脳科学者福井大学教授。ハーバード大学との共同の児童虐待萎縮させる件についての研究が有名[1]

経歴[編集]

[3]

著書[編集]

  • 『いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳』(診断と治療社、2012年)
  • 『子どもの脳を傷つける親たち』(NHK出版、2017年)
  • 『虐待が脳を変える--脳科学者からのメッセージ』(新曜社、2018年)

政治姿勢[編集]

  • 親子断絶防止法案の反対派である。

出典[編集]

  1. ^ 虐待で「脳が傷つく」衝撃データ 2割近い萎縮も
  2. ^ 乙第736号 - 博士論文書誌データベースによる
  3. ^ 福井大学ウェブサイト 外部リンク参照

関連項目[編集]