友道康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
友道康夫
Yasuo-Tomomichi20100529.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県赤穂市[1]
生年月日 (1963-08-11) 1963年8月11日(55歳)
所属団体 JRA
初免許年 2001年(2002年開業)
経歴
所属 浅見国一(1989.9 - 1996.11)
松田国英(1996.11 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

友道 康夫(ともみち やすお、1963年8月11日 - )は中央競馬栗東トレーニングセンターに所属している調教師

来歴[編集]

兵庫県赤穂市坂越の出身。昭和57年(1982年)3月に兵庫県立赤穂高等学校を卒業。小動物の獣医を目指し大阪府立大学の獣医学科に入学し、大学の馬術部に入部する。馬術部の活動の一環として競馬場へアルバイトへ行くことで競馬に携わるようになる[2]

1989年5月にJRA競馬学校厩務員課程に入学し、9月より栗東・浅見国一厩舎所属の厩務員となり、11月からは調教助手となる。

1996年からは栗東・松田国英厩舎所属となり、松田の勧めもあり調教師を目指すようになり[2]2001年に調教師免許を取得し[1]2002年11月21日付けで厩舎を10馬房で開業する。開業時に旧新井仁厩舎所属だった5頭が移籍することになった。11月30日、初出走となった中京競馬場での第1競走は、ランドチャレンジが13着となる。12月1日に中京競馬場での第6競走でインターマーベラスで初勝利を挙げる[1]

その後は2003年6月25日園田競馬場で行われた円山川特別が地方競馬初出走となりゼンノマングローブが2着、2005年には朝日チャレンジカップをワンモアチャッターにより制し、重賞初勝利を挙げる。

2007年9月1日にJRA828戦目で通算100勝を達成すると、2008年5月4日、第137回天皇賞アドマイヤジュピタで勝利し、厩舎開業以来初となるGI勝利を獲得した。

2009年4月19日、管理馬のアンライバルドが第69回皐月賞に優勝し、クラシック競走制覇を果たした。

2013年5月12日、東京競馬場で行われた第8回ヴィクトリアマイルで、管理馬のヴィルシーナが優勝。GIは3勝目となった。 2014年5月18日、東京競馬場で行われた、第9回ヴィクトリアマイルで、ヴィルシーナが昨年に続き連覇。GIは4勝目。

2016年5月29日、管理馬のマカヒキが、第83回東京優駿に勝ち、東京優駿初勝利。

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2002年11月30日 3回中京1日1R 2歳未勝利 ランドチャレンジ 16頭 16 13着
初勝利 2002年12月1日 3回中京2日6R 3歳上500万下 インターマーベラス 16頭 1 1着
重賞初出走 2003年6月14日 2回東京7日10R 東京ハイJ エムテスカイ 14頭 11 11着
重賞初勝利 2005年9月10日 4回阪神1日11R 朝日チャレンジC ワンモアチャッター 14頭 1 1着
GI初出走 2006年4月16日 3回中山8日11R 皐月賞 サクラメガワンダー 18頭 4 6着
GI初勝利 2008年5月4日 3回京都4日11R 天皇賞(春) アドマイヤジュピタ 14頭 3 1着

主な管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 春秋牝馬G1制覇狙うヴィルシーナ”. 競馬ラボ. 2015年9月17日閲覧。
  2. ^ a b 『優駿』(日本中央競馬会)2008年11月号
  3. ^ 第20回 NHKマイルカップ”. JRA. 2015年6月4日閲覧。
  4. ^ クラリティスカイ斎藤誠厩舎へ次走8.14関屋記念日刊スポーツ、2016年7月17日閲覧
  5. ^ 2015年フローラステークスレース結果 - netkeiba.com、2015年4月27日閲覧
  6. ^ ヴィブロス鮮やかに差し切りV! 姉の無念晴らしGI制覇!/秋華賞 - netkeiba.com  2016年10月16日閲覧

関連項目[編集]