双三郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 中国地方 > 広島県 > 双三郡

双三郡(ふたみぐん)は、広島県にあった

郡域[編集]

1898年明治31年)に行政区画として発足した当時の郡域は、三次市の大部分(秋町・粟屋町・甲奴町各町・吉舎町知和・吉舎町上安田・三和町敷名・三和町上壱・三和町飯田を除く)にあたる。

歴史[編集]

郡名は統合対象の両郡ともに「三」という字が使われていたため、二つの「三」の付く郡からなるということに由来する。

  • 明治31年(1898年10月1日 - 郡制の施行のため、三次郡三谿郡の区域をもって発足。以下の町村が所属。全域が現・三次市。(1町17村)
    • 旧・三次郡(1町9村) - 板木村川地村酒河村原村八次村三次町河内村君田村布野村作木村
    • 旧・三谿郡(8村) - 八幡村吉舎村萩原村三良坂村和田村神杉村田幸村川西村
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。郡役所が三次町に設置。
  • 大正6年(1917年5月1日 - 原村が町制施行・改称して十日市町となる。(2町16村)
  • 大正9年(1920年10月1日 - 吉舎村が町制施行して吉舎町となる。(3町15村)
  • 大正10年(1921年6月1日 - 三良坂村が町制施行して三良坂町となる。(4町14村)
  • 大正12年(1923年4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和7年(1932年1月1日 - 三良坂町・萩原村が合併し、改めて三良坂町が発足。(4町13村)
  • 昭和12年(1937年3月1日 - 十日市町・八次村が合併し、改めて十日市町が発足。(4町12村)
  • 昭和23年(1948年12月1日 - 三次町が河内村の一部(日下・三原および山家のうち字郷川)を編入。
  • 昭和25年(1950年
    • 4月1日 - 高田郡粟屋村の所属郡が本郡に変更。(4町13村)
    • 9月1日 - 川地村が高田郡甲立町の一部(秋町)を編入。
  • 昭和28年(1953年2月11日 - 吉舎町・八幡村が合併し、改めて吉舎町が発足。(4町12村)
  • 昭和29年(1954年
    • 3月31日 - 酒河村・十日市町・三次町・河内村・和田村・神杉村・田幸村・粟屋村が合併して三次市が発足し、郡より離脱。(2町6村)
    • 11月3日 - 三良坂町が三次市の一部(皆瀬町および向江田町字中之尾・字横蔵の各一部)を編入。
  • 昭和30年(1955年)3月31日(3町5村)
    • 板木村が世羅郡津名村の一部(敷名)・上山村の大部分(上壱および飯田の一部)と合併して三和町が発足。
    • 吉舎町が甲奴郡上川村の一部(和知および安田・太郎丸の各一部)を編入。
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 川地村が三次市に編入。(3町4村)
  • 昭和33年(1958年)2月11日 - 川西村が三次市に編入。(3町3村)
  • 平成16年(2004年)4月1日 - 君田村・布野村・作木村・吉舎町・三良坂町・三和町が三次市・甲奴郡甲奴町と合併し、改めて三次市が発足。同日双三郡消滅。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
三次郡三谿郡
行政区の変遷
1898年 - 2004年
次代:
(消滅)