この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

双愛会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
双愛会
双愛会.png
代紋:『竹笹』
設立 1952年1954年の間
設立者 高橋寅松
本部 〒290-0171
千葉県市原市潤井戸1343-8[1]
首領 椎塚宣[1]
活動範囲 2県
構成員数
(推定)
約140人(2016年末時点)

双愛会(そうあいかい[2])は、千葉県市原市に本部を置く指定暴力団。構成員は2016年末の時点で約140人。[3]千葉県ならびに横浜市を地盤とし、その勢力範囲は関東地方一円に及ぶ。[4]

来歴

笹田照一の舎弟であった高橋寅松が1952年(昭和27年)から1954年(昭和29年)の間までに発足させた。[5]

1972年には稲川会國粹会東亜会、交和会、義人党、住吉会松葉会二率会とともに博徒系暴力団の親睦団体・関東二十日会を結成。[6]

1992年に暴力団対策法に基づく指定暴力団となった[7]。同年末に副会長であった高村明が五代目を襲名。[5]

2007年をもって高村五代目会長が引退。理事長・森武男が死去していたため、総本部長・塩島正則が六代目会長に就任した。その際、それまで双愛会会長と各一家総長との間に盃関係はなかったが、塩島会長と各一家総長との間に親子盃が結ばれた。

歴代総長

  • 初代 - 高橋寅松
  • 二代目 - 畔田丈夫
  • 三代目 - 高橋二郎
  • 四代目 - 石井義雄
  • 五代目 - 高村明
  • 六代目 - 塩島正則
  • 七代目 ‐ 椎塚宣

最高幹部

  • 会長 - 塩島正則
  • 理事長 - 椎塚宣(寺島一家総長)
  • 総本部長 - 荻野典昭(谷戸一家総長)
  • 幹事長 - 小野岡孝夫(高寅一家総長)
  • 組織委員長 - 吉井勝明(畔田吉清一家総長)
  • 懲罰委員長 - 御園平(上金一家総長)
  • 慶弔委員長 - 石橋卓次(谷戸一家若頭)
  • 総本部事務局長 - 高山喜代之(髙山喜代之、吉田一家総長)
  • 顧問 - 原俊夫
  • 顧問 - 山田健二
  • 執行部 - 芥川健悟
  • 執行部 - 畑中満男
  • 執行部 - 伊藤順俊
  • 執行部 - 久保秀夫
  • 執行部 - 下村清
  • 執行部 - 椿忠相
  • 副会長 - 渡辺秋雄(畔田吉清一家舎弟)
  • 副会長 - 斉藤行弘(谷戸一家舎弟)
  • 副会長 - 鶴岡仙太郎
  • 副会長 - 三浦靖守
  • 副会長 - 加藤光明
  • 副会長 - 石井邦王
  • 副会長 - 池田幹夫

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1]『平成28年における組織犯罪の情勢』2017年 警察庁
  2. ^ Police of Japan 2011, Criminal Investigation : 2. Fight Against Organized Crime』 2009年 警察庁 (英語) ― p.21 “ソーアイカイ”(Soai-kai)
  3. ^ 『平成28年における組織犯罪の情勢』(2017年)警察庁
  4. ^ 『実話時報 2011年12月号』 : “侠への鎮魂歌 双愛会会長 塩島正則” (p.3-8) 2011年11月14日 竹書房
  5. ^ a b 『六代目山口組 完全データBOOK』メディアックス2008年、ISBN 978-4-86201-328-6.のP.131
  6. ^ 山平重樹『ヤクザ大全 その知られざる実態』幻冬舎<幻冬舎アウトロー文庫>、1999年、ISBN 4-87728-826-0.のP.320
  7. ^ 『松江八束建設業暴力追放対策協議会』のHPの「指定暴力団」