取手宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
取手宿の現代地図に旧水戸街道の道筋を重ねた地図。

取手宿(とりでしゅく)は、水戸街道千住宿から5つ目の宿場町

概要[編集]

現在の茨城県取手市取手・東のあたり。宿場町は東西に1キロ弱の範囲で広がっている。水戸街道は利根川を南北方向に渡っているが、その水戸側・北岸で向きを変えて東南東に向い、取手宿に入る。対岸の江戸側・南岸にも、正規のものではないが、青山宿という小規模な宿場町があった。

取手宿が水戸街道の宿場町に指定されたのは、天和年間から貞享年間にかけての時期(1681年~1688年)であり、それ以前は我孫子宿から利根川(当時鬼怒川)右岸を下流に向かい、布佐で渡河して龍ヶ崎を経由し、若柴宿付近で合流するという流れであった。そのため、取手宿が正規の宿場町に指定されたのは、水戸街道の他宿場町より、多少遅れている。

取手は、宿場町であるだけではなく、利根川水運の拠点地・物資集積地でもあったことから、二百軒程度の家並みが並ぶ大規模な集落を形成していた。旧道筋には2019年現在も、多少の古建築を見出すことができる。

本陣として使われていた染野家住宅(1795年築)が保存されており、週末には公開されている。

周辺[編集]

  • 長禅寺 - 931年創建とされる古刹。
  • 新六本店 - 1700年代まで遡ることができる造り酒屋・廻船業者。
  • 取手本陣 - 染野家住宅。
  • 八坂神社 - 八坂神社系列の神社。
  • 念仏寺

隣の宿[編集]

我孫子宿 - 取手宿 - 藤代宿

  • 我孫子宿 - 取手宿は一里十八町(約6キロ)。
  • 取手宿 - 藤代宿は一里三十町(約7キロ)。大廻りを通ると10キロ余り。

取手宿と藤代宿との間には小貝川水系の低湿地があり、小貝川は暴れ川であったことから、この区間は東から西へ「本通り」「中通り」「椚木廻り」「大廻り」とルートがわかれ、増水時の迂回路が用意されていた。

取手市観光協会 「取手市観光ガイド

取手市旧取手宿本陣染野家住宅