受容理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

受容理論(じゅようりろん、英語: reception theory)は、文学作品の受容者である読者役割を積極的に評価しようとする文学理論である。受容美学ともいう。

概要[編集]

1960年代末、ドイツコンスタンツ大学にいたW.イーザーH.R.ヤウス英語版現象学ロシア・フォルマリズム解釈学ガダマーの作用史)などの成果を取り入れ、受容理論を提唱した(コンスタンツ学派と呼ばれる)。

ヤウスによれば、文学の歴史は美的な受容と生産の過程であり、その過程は文学のテクストを受け入れる読者、批評家作家の三者によって活性化され、遂行される[1]。また、文学作品を読むときは、先行作品の知識などからあらかじめ期待を抱いて読むものであり(期待の地平)、読書においてその期待が修正、改変され、または単に再生産される。理想的なケースでは、優れた作品が読者の期待の地平を破壊してゆく[2]

参考文献[編集]

  • H.R.ヤウス『挑発としての文学史』(岩波現代文庫)

注釈[編集]

  1. ^ ヤウスp35。
  2. ^ ヤウスp39-41。

関連項目[編集]