受戒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

受戒(じゅかい)は、仏教帰依する証として戒律[注 1]を受持すること、またそのための儀式である[1]

出家在家の別を問わないものであり[1]、戒律を授ける側からみれば授戒である[2]集団で受戒する儀式(法会)が催されることがあり、受戒会(じゅかいえ)[1]または授戒会とよばれる。儀式の場所は戒壇である[3]。受戒により授けられる名前戒名ないし法号である[4][注 2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ と、波羅提木叉にまとめられた
  2. ^ 浄土真宗は受戒の制度がなく、法名と呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 日本大百科全書(ニッポニカ). “受戒” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。
  2. ^ 世界大百科事典 第2版. “授戒” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “戒壇” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “戒名” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。