古今亭志ん馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

古今亭 志ん馬(ここんてい しんば)は、落語名跡。なお初代と二代目は詳細不明のため、当代は七代目という説もある[注 1]。また同じ読みの名跡に「三遊亭新馬」がある。

紋「裏梅」

4代目[編集]

四代目 古今亭ここんてい
本名 金川 利三郎
別名 横浜の志ん馬
生年月日 1889年3月26日
没年月日 (1961-08-02) 1961年8月2日(72歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 二代目林家染丸
三代目古今亭志ん生
名跡 1. 笑福亭三喬
(1904年 - 1912年)
2. 林家染之助
(1912年 - ?)
3. 古今亭錦生
(? - 1917年)
4. 四代目古今亭志ん馬
(1917年 - 1961年)
所属 睦会
誠睦会

四代目 古今亭 志ん馬1889年3月26日 - 1961年8月2日)は、落語家。本名∶金川 利三郎。俗に「横浜の志ん馬」

三代目笑福亭松鶴の生家から一軒置いた家に生まれる。その影響で商業学生時代の15歳の時に五代目笑福亭松喬に入門し退学して二ツ目で笑福亭三喬を名乗る。1912年に師が二代目林家染丸を襲名したことに伴い染之助となる。

祖父が横浜出身であった関係で横浜を拠点とする。横浜の寄席新富亭の高座に上がっている時に初代立花家橘之助に見出され三代目古今亭志ん生の門下となり古今亭錦生を名乗る。

おりしも1917年は睦会の若手の真打昇進ラッシュであった当時それにあやかって自身も真打昇進。四代目古今亭志ん馬を襲名する。

睦会の月給制度に反対しトラブルになるなどし睦会を離脱し、上方の出身噺家を集めて誠睦会を設立するも失敗。昭和に入り人気も落ちた。

この人物は立花家橘之助、初代橘ノ圓夫婦が保存していた三遊亭圓朝の遺品を志ん馬が引継ぎ1947年に橘流寄席文字家元橘右近に受け継がれ現在に至る功績は大きい[1]

8代目[編集]

八代目(六代目) 古今亭ここんてい
本名 稲田 真佐文
生年月日 1935年1月11日
没年月日 (1994-09-10) 1994年9月10日(59歳没)
出身地 日本の旗 日本福岡県
師匠 五代目古今亭志ん生
弟子 古今亭志ん次
古今亭志ん吉
名跡 1. 古今亭志ん吉
(1952年 - 1955年)
2. 金原亭馬太郎
(1955年 - 1966年)
3. 八代目(六代目)
古今亭志ん馬
(1966年 - 1994年)
出囃子 岸の柳
活動期間 1952年 - 1994年
配偶者 あり
所属 落語協会

八代目 古今亭 志ん馬1935年1月11日 - 1994年9月10日)本名∶稲田 真佐文' 。59歳没。出囃子は「岸の柳」。福岡県小倉市出身。

経歴[編集]

1952年5月、五代目古今亭志ん生に入門。前座名「志ん吉」。

1955年3月に橘家舛蔵と共に二ツ目昇進し、「金原亭馬太郎」に改名。

1966年3月、真打昇進。八代目古今亭志ん馬を襲名。

1994年9月10日、肝臓癌のため入院先の東京慈恵会医科大学附属病院で死去。

芸歴[編集]

人物[編集]

九州の訛りがあり若いころは苦労したが、師匠譲りのネタを得意とし、「お昼のワイドショー」のキャスター、二代目いじわるばあさんとしても有名。晩年は高座に専念した。

二ツ目の馬太郎時分、松鶴家千代若・千代菊の家に居候していた。そこで知り合った桂金吾の娘が、のちの志ん馬夫人である。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

青島幸男の降板に伴う途中交代で第53 - 93回に出演。第94回からは高松しげおに再交代している。

新五捕物帳 第170話「向島から来た女」(1982年)- 小円菊

テレビバラエティ[編集]

一門弟子[編集]

9代目[編集]

九代目(七代目) 古今亭ここんてい
九代目(七代目) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}古今亭(ここんてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}志(し)ん.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}馬(ば)
本名 吉野 惠一
生年月日 1958年3月3日
没年月日 (2013-10-07) 2013年10月7日(55歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
師匠 八代目古今亭志ん馬
三代目古今亭志ん朝
名跡 1. 古今亭志ん吉
(1981年 - 1985年)
2. 古今亭志ん次
(1985年 - 1997年)
3. 九代目(七代目)
古今亭志ん馬
(1997年 - 2013年)
出囃子 芸者ワルツ
活動期間 1981年 - 2013年
所属 落語協会
受賞歴
NHK新人演芸大賞落語部門大賞(1996年)

九代目 古今亭 志ん馬1958年昭和33年〉3月3日 - 2013年平成25年〉10月7日)は、東京都板橋区出身の落語家。本名∶吉野 惠一落語協会所属。出囃子は『芸者ワルツ』。

経歴[編集]

人物[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 落語協会のHPでは七代目と記載されていて四代目古今亭志ん生が名乗った志ん馬を初代とし以降カウントしている。
  2. ^ こちらでは志ん馬の代数を七代目としている。

出典[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  1. ^ 収集品の大半は、2013年に東京都江戸東京博物館に「橘右近コレクション」として収蔵された。また、一部は書籍「橘右近コレクション 寄席百年(小学館、1982年)」に収録されている。
  2. ^ “古今亭志ん馬氏が胃がんのため55歳で死去”. SANSPO.COM. (2013年10月9日). オリジナルの2014年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140403091556/http://www.sanspo.com/geino/news/20131009/oth13100905000001-n1.html 2014年4月3日閲覧。