古今亭志ん駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古今亭 志ん駒(ここんてい しんこま)は、落語家の名。

  1. 後の初代金原亭馬の助が前座時代に名乗った。本名、伊東(小沼)武。
  2. 当代。志ん駒改め馬の助の弟弟子。本項にて詳述。

古今亭 志ん駒ここんてい しんこま
本名 徳永 一夫
生年月日 1937年1月2日
没年月日 (2018-01-18) 2018年1月18日(81歳没)
出身地 日本の旗 日本埼玉県川口市
師匠 5代目古今亭志ん生
10代目金原亭馬生
3代目古今亭志ん朝
出囃子 越後獅子
活動期間 1963年 - 2010年
所属 落語協会(1963年 - 1978年)
落語三遊協会(1978年)
落語協会(1978年 - 2018年)
備考
落語協会理事(2006年 - 2010年)

古今亭 志ん駒(ここんてい しんこま、1937年1月2日 - 2018年1月18日)は、埼玉県川口市出身の落語家。本名は徳永 一夫落語協会所属。同協会理事を2006年から2010年まで務めた。出囃子は『越後獅子』。

人物[編集]

海上自衛隊出身で、演出家俳優蜷川幸雄とは同じ川口市の出身で同郷の後輩にあたる。

5代目志ん生に入門した最後の弟子でもあった。志ん生死去後はその息子の10代目金原亭馬生、さらに3代目古今亭志ん朝の一門に移った。一時期、志ん朝とともに落語三遊協会へ移籍したが、すぐに落語協会へ復帰している。

高座に上がるだけでなく、アニメの吹き替えや時代劇『大江戸捜査網』の「早耳金太」役を長く務めるなど役者としても活躍していた。

落語協会理事退任後、2010年の正月初席を最後に高座に上がることなく休業状態であったが、2018年1月18日10時45分、心筋梗塞のため、東京都内の病院で死去[1][2][3]。81歳没。

略歴[編集]

受賞[編集]

弟子[編集]

著書[編集]

  • 『志ん生最後の弟子 ヨイショ志ん駒一代』(うなぎ書房2002年11月、ISBN 9784901174114)

出演歴[編集]

映画[編集]

タイトル 年度 役名 配給 備考
隠密同心 大江戸捜査網 1979年 早耳金太 東宝
戦国自衛隊 1979年 堀健児二等陸士 東宝

テレビドラマ[編集]

タイトル 話数 / サブタイトル 年度 役名 放映局 備考
特別機動捜査隊 第375話「鶏はふたたび鳴く」 1969年 NET
大江戸捜査網 1971年 - 1981年 早耳金太 東京12チャンネル
騎馬奉行 第14話「新春大当り千両くじ」 1980年 関西テレビ
同心暁蘭之介 第40話「火祭り変化」 1982年 火消しの若衆 フジテレビ
銭形平次 第1話「刑場の花嫁」 1987年 魚屋 NTV
喧嘩屋右近 「賞金受け取り人」 テレビ東京

アニメ吹き替え[編集]

タイトル 年度 役名 放映局 備考
クマゴロー 1964年 - 1965年 ブーブー NET
ドラドラ子猫とチャカチャカ娘 1971年 チョロ

脚注[編集]

  1. ^ 古今亭志ん駒 訃報 - 一般社団法人 落語協会 2018年1月18日
  2. ^ a b “古今亭志ん駒さん、心筋梗塞で死去 81歳”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年1月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/18/kiji/20180118s00041000186000c.html 2018年1月18日閲覧。 
  3. ^ 「ヨイショの志ん駒」こと落語家の志ん駒さんが死去 - 日刊スポーツ 2018年1月18日