古今亭文菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
古今亭ここんてい 文菊ぶんぎく
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}古今亭(ここんてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}文菊(ぶんぎく)
古今亭文菊定紋「裏梅」
本名 宮川みやかわ 真吾しんご
生年月日 (1979-02-23) 1979年2月23日(42歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 二代目古今亭圓菊
名跡 1. 古今亭菊六
(2003年 - 2012年)
2. 古今亭文菊
(2012年 - )
出囃子 関三奴
活動期間 2002年 -
活動内容 落語家
配偶者 あり
所属 落語協会
公式サイト 古今亭文菊 オフィシャルサイト
受賞歴
2006年∶平成18年度NHK新人演芸大賞本選出場
2007年∶平成19年度NHK新人演芸大賞本選出場
2008年∶平成20年度NHK新人演芸大賞本選出場
2008年∶落語一番勝負若手落語家グランプリ
2009年∶平成21年度NHK新人演芸大賞
2012年∶第29回浅草芸能大賞新人賞受賞
2015年∶第70回文化庁芸術祭優秀賞
2016年3月∶平成27年度国立演芸場「花形演芸大賞」銀賞
2020年3月∶令和元年度国立演芸場「花形演芸大賞」大賞
2021年3月∶令和2年度国立演芸場「花形演芸大賞」大賞

古今亭 文菊(ここんてい ぶんぎく、1979年2月23日 - )は、落語協会所属の落語家東京都世田谷区出身。本名∶宮川 真吾

経歴[編集]

2001年3月学習院大学文学部史学科卒業[1]、翌年11月古今亭圓菊に入門。13番弟子となる。2003年1月前座名「菊六」で楽屋入り。

2006年5月、柳家ろべえ三遊亭時松鈴々舎馬ること共に二ツ目昇進。2008年落語一番勝負若手落語家グランプリ優勝。

2009年NHK新人演芸大賞落語部門大賞受賞。

2011年、前橋若手落語家選手権優勝。

2012年9月、28人抜き[2]の抜擢で古今亭志ん陽と共に真打に昇進、「文菊」に改名。同年浅草芸能大賞新人賞受賞。

2015年文化庁芸術祭優秀賞受賞。

2020年、令和元年度花形演芸大賞受賞[3]

2021年、令和2年度花形演芸大賞受賞。

芸歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2006年∶平成18年度NHK新人演芸大賞本選出場
  • 2007年∶平成19年度NHK新人演芸大賞本選出場
  • 2008年
    • 平成20年度NHK新人演芸大賞本選出場
    • 落語一番勝負若手落語家グランプリ
  • 2009年∶平成21年度NHK新人演芸大賞
  • 2012年∶第29回浅草芸能大賞新人賞受賞
  • 2015年∶第70回文化庁芸術祭優秀賞
  • 2016年3月∶平成27年度国立演芸場「花形演芸大賞」銀賞
  • 2020年3月∶令和元年度国立演芸場「花形演芸大賞」大賞
  • 2021年3月∶令和2年度国立演芸場「花形演芸大賞」大賞

人物[編集]

出囃子[編集]

  • 浅妻船(2006年 - 2012年)
  • 関三奴(2012年 - )

出演[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

ウェブテレビ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文学部卒業生 落語家 古今亭 文菊”. 学習院大学. 2021年1月4日閲覧。
  2. ^ もつれた糸をほどいたのは、師匠と… 古今亭文菊の告白”. 朝日新聞 (2020年10月18日). 2021年1月4日閲覧。
  3. ^ 令和元年度花形演芸大賞決定のお知らせ”. 日本芸術文化振興会 (2020年3月26日). 2020年10月22日閲覧。
  4. ^ TEN-てん-のオフィシャルブログ”. 2018年5月31日閲覧。
  5. ^ 落語家 古今亭文菊(卒業生インタビュー)”. 学習院大学. 2018年7月1日閲覧。
  6. ^ 文菊師匠真打昇進披露宴”. 「たまごの会」こーほー支援ブログ. excite blog (2012年9月9日). 2018年7月1日閲覧。
  7. ^ 文菊くん(2013.10.23)”. ABKAI 市川海老蔵ブログ. abema blog. 2018年7月1日閲覧。
  8. ^ いいとも”. 古今亭文菊のブログ. Ameba blog (2013年8月1日). 2019年5月3日閲覧。
  9. ^ 経世済民の男(第一回~第二回)高橋是清 前編・後編(「経世済民」にルビ「けいせいさいみん」が付く)”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2019年5月3日閲覧。
  10. ^ 柳亭市馬、笑福亭仁智ら総勢12名が出演する夢の寄席が実現!『第二回ABEMA寄席』生放送決定” (日本語). ABEMA TIMES (2020年5月20日). 2020年5月23日閲覧。