古今東西 (森高千里のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古今東西
森高千里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
プロデュース 瀬戸由紀男
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1990年間年間29位(オリコン)
森高千里 年表
森高ランド
(1989年)
古今東西
(1990年)
ザ・森高
(1991年)
『古今東西』収録のシングル

  1. リリース: 1990年9月10日
テンプレートを表示

古今東西』(ここんとうざい)は、1990年10月17日に森高千里が発表した5枚目のアルバム

概要[編集]

  • 前作『森高ランド』からは8ヶ月ぶりとなるが、前作はベストアルバムだったため、オリジナルアルバム『非実力派宣言』からカウントすると1年3ヶ月ぶりとなる、発売当時のキャッチコピーは「どうせやるなら ここんとうざい」。
  • アルバムとしては最多となる18曲が収録されているが、「プロローグ」「Interlude No.5」「エピローグ」があり、「エピローグ」に小芝居が挿入されているため、本作1枚でのコンセプトアルバムとも取れる構成になっている。
  • 初回限定盤には32ページカラー写真集が付いた。
  • シングル曲では「雨」のみ収録、その前にリリースされた「臭いものにはフタをしろ!!」とカップリングの「のぞかないで」は未収録である。
  • アルバムでは自身初のオリコン1位を獲得した。アルバムでは唯一のオリコン1位獲得作である。

収録曲[編集]

  1. プロローグ
  2. 鬼たいじ
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
    • このアルバムの代表曲。桃太郎の代わりに自分が鬼ヶ島へ鬼退治に向かう歌。
  3. ザ・バスターズ・ブルース
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
    • パイオニア「コードレスマシン」CMソング
    • ただひたすらゴキブリとの対峙を歌った楽曲。
  4. Interlude No.5
  5. あるOLの青春〜A子の場合〜(Moritaka Connection)
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
    • 仙台放送MiMiよりマーケット」テーマ曲。
    • 「おもしろい」「その後の私」に続く森高コネクション、1992年にリリースされたシングル「コンサートの夜」のカップリングに「続・あるOLの青春〜A子の場合〜」が収録されている。
  6. OYE COMO VA
  7. (Album Version)
    • 作詞:森高千里、作曲:松浦誠二、編曲:斉藤英夫
    • 先行シングルカット曲。イントロにシングル盤にはなかった雨音が追加されている。
  8. 大冒険
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
    • 森高自身による電話越しの台詞がイントロに挿入されている。
  9. 香港
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
  10. 晴れ
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
  11. ファンキー・モンキー・ベイビー
  12. 月夜の航海
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:高橋諭一
  13. 友達
    • 作詞:森高千里、作曲:斉藤英夫・安田信二、編曲:斉藤英夫
  14. この街
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
    • 翌年「勉強の歌」と両A面でシングルカットされた楽曲。間奏とアウトロに森高自身の熊本弁が挿入されている、なおアルバムとシングルでは森高の台詞が違っている。
  15. テリヤキ・バーガー
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
  16. エピローグ
  17. うちにかぎってそんなことはないはず
    • 作詞:森高千里、作曲:直枝政太郎、編曲:カーネーション
    • カーネーションとのコラボレート楽曲。後にカーネーションが「モーレツな人 モーレツな恋〜うちにかぎってそんなことはないはず〜」のタイトルで、歌詞を変えてセルフカバーしている。