古代エジプトの庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古代エジプトの庭園は、おそらくナイル川からの水で灌漑された単純な果樹園と菜園として始まった。次第に国が豊かになるにつれて、それらは花、池、そして果樹や木陰の木々である陰樹が並ぶ遊園地へと進化した。寺院、宮殿、そして私邸には独自の庭があった。庭の模型はときおり墓に置かれ、所有者が彼らの死後の世界でそれらを楽しむことができるようになった[1]

宮殿庭園[編集]

宮殿庭園は、エジプト中王国時代(紀元前2035年 - 1668年)の直前にエジプトで最初に現れた。これらの庭園は非常に規模が大きく、幾何学的なパターンで配置されていた。宮殿の庭園の池はとても大きく、なおかつ数多くあった。 紀元前二千年紀には、スネフェルの王の庭の池は20人もの漕ぎ手で漕ぐボートのために十分な大きさがあった。

ハトシェプスト女王(紀元前1503年 - 1482年)、ラムセス3世(紀元前1198年 - 1166年)などの古代エジプトの支配者たちは、リビアシリア、およびキレニアでの征服中に発見された新しい種類の木や花を鉢植えに植え替えた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Baridon, Les Jardins, pg. 103
  2. ^ I.M. Gallery, The Garden of Ancient Egypt, article in D. Schmandt-Besserat, Immortal Egypt. Undena Publications, 1978, pg. 47.

参考文献[編集]

  • イアン・ショーとポール・ニコルソン、 古代エジプトの大英博物館辞典 、大英博物館プレス、1995年。
  • ミシェル・バリドン、 レ・ジャルダン  - Paysagistes- Jardiniers   - ポエト 。 1998年版、Robert Lafontのエディション。 ( ISBN 2-221-06707-X )
  • Jan Assmann著、David Lorton著、 "古代エジプトにおける死と救い"、p171、David Lorton訳、Cornell University Press、2005年、 ISBN 0801442419
  • Daniel ZoharyとMaria Hopf、 旧世界の植物の家畜化 、第3版(Oxford:University Press、2000年)。
  • C. Desroches-Noblecourt、 L'Art Egyptien 、PUF、パリ、1962年。
  • JC Hugonot、 Le Jardinl'Egypte ancienne 、Peter Lang、Paris、1989。