古代ローマの庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ポンペイの画家の家の庭の再建
ポンペイ のヴェッティ邸の庭の再建
建物に囲まれた庭園のあるフィッシュボーンローマ宮殿の博物館モデル。考古学者は、レイアウトを再現し、庭で使われている植物を分析することができました。

ローマの庭園(ろーまのていえん)と観賞用の園芸は、ローマ文明の下で高度に発達。紀元前ローマのピンチョの丘にあるLucullusの庭園 (Horti Lucullaniは、ペルシャ庭園をヨーロッパに紹介。庭は平和と静けさの場所、都市生活からの避難所、そして宗教的で象徴的な意味で満たされた場所とみられていました。ローマの文化が発展し、外国の文明の影響を受けるようになるにつれて、庭園の利用は拡大しました。

影響[編集]

ローマの庭園は、エジプトやペルシャギリシャ園芸技術の影響を受けていました。

フォーマル庭園は早くも紀元前2800年にエジプトに存在していました。エジプト第18王朝時に、富裕層の家を美しくするのに使用されていたガーデニング技術は完全に開発されました。 ポルチコ(ポーチ)は、家と屋外をつなぐ役割を果たし、屋外のリビングスペースを作り出しました。

ペルシャ庭園は乾燥した気候に従って発達しました。 庭園は干ばつから守るために囲まれていて、不毛のペルシャ地形とは対照的に豊かで肥沃になりました。 アレキサンダー大王が西アジアの一部を征服したとき、彼は園芸への新たな関心を促した果物と植物の新しい品種を彼と一緒に連れ戻しました [1]

アレクサンダーの前でさえ、アテネのキモンはそれを公共空間に変えるために彼の庭の壁を取り壊したと言われています [2] ローマの喜びの庭園は、そのような庭にも成長して果実の目的を果たしギリシャ式モデルから適合させました。 ギリシャ式から改作されたローマ時代のペリスタイルガーデンは、寺院の渓谷を美しくし、レクリエーションスペースを作るために使用されました。 オープンのペリスタイルコートは、家と外の世界をつなぐように設計されています。

非住宅用庭園 - これらは公共の公園、遊園地、寺院庭園、墓などです。

庭の要素[編集]

すべてのローマの庭園は、一般的に同じ基本的な要素で構成されていました。 庭のスタイルや種類に応じて、要素を追加または装飾することも、完全に省略することもできます [3] 家の中にアトリウムが見つかったとしても、ローマの人々が敷地内の植物や庭園を灌漑するために使用される雨水を集めることができるようにするのは開口部なので、それは庭の一部と見なされます。

遊園地は、建築者の好みに応じてさまざまなデザインを取り入れています。このタイプのすべての庭園は、同じ基本的な部分を持つ: パティオの入り口で、テラス、果樹園やブドウ園、いくつかのウォーター・フィーチャー、キッチンガーデンガーデンツアーをパーソナライズ、神社や洞窟やその他の装飾。パティオは通常、屋外ガーデン家具、流域または噴水で装飾されており、庭園のすべての機能を披露する散歩の出発点となります [4]

ペリ - 「ペリ」のギリシャ語からは「周り」を意味し、「スタイル」と「列」 - 中庭の種類を表し、[5]支柱の壁に囲まれた柱廊 (ポーチ) [6]である。

クスュストス (ガーデンウォークまたはテラス)はローマの庭園の中心的な要素でしたがそれはしばしば低い庭、または歩行を見落としていました。 歩行はさまざまな花、木、そして他の葉に接しており、そして食事、会話、または他のレクリエーション活動の後にゆっくり散歩するための理想的な場所として役立ちました。

妊婦は日陰のある通りで、家の主人は馬や家畜に乗ったりすることができました。 それは一般的に歩道は囲むか、または別の楕円形の空間として建設されました。小道や歩道はしばしば庭を通って作られました。これらはゆるい石、砂利、砂、または土でできています[5]彫刻、フレスコ画、日時計まで、多くの装飾品が飾られていました。 これらは自然の風景を描いたり、神々や他の世界的な生き物に神社(エディクラ)として設置されました [7]

育てられた植物は、開花植物から日常使用のためのハーブと野菜、そして木にまで及んだ。 典型的なローマの家族の庭で見つかる最も人気のある植物は、バラヒノキサイプレス)、ローズマリー、およびの木でした。 また含まれる可能性があるのは低木の木、背の高い木、マリーゴールドヒヤシンス水仙、スミレ、サフラン、カッシア、およびタイム [8]である

庭のための場所[編集]

ドムス(タウンハウス)-この独立している構造は通常1つの物語であり、雨水を収集し、それを取り囲んでいるエリアを照らし、家の正面に毎日の活動にアトリウムなど複数の部屋を備えていた[要出典]。しばしば花園または円柱式が裏庭にあった(開いている中庭)[9]

ヴィラ・ルスティカ (Villa rustica (農家) - 地主が訪問するときに使用される大規模な農家[10]

ローマン・ヴィラ (Villa urbana (郊外のタウンハウス) - これらのヴィラは、ローマの市民が休暇旅行に行くか、旅行中に夜停止して休むところでした [11]

ローマン・ヴィラ (Villa suburbana (カントリーハウス) - カントリーハウスをローマ風に演じるもので、特にレクリエーションに使用されます。

パレスヴィラ - 皇室用だけで、非常に大きく豪華です。

非住宅用庭園 - これらは公共の公園、遊園地、寺院庭園、墓などです。

用途[編集]

ローマの庭園は様々な活動に合うように建てられました。 当初、中流階級のローマ人は家族のために食料の供給源として庭を使い、主にハーブ野菜栽培していました。 古代ラティウムでは、庭はすべての農場の一部でした。 マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウスによると、すべて庭は家の近くにあり、花壇装飾用の木があるはずだという。

その後、エジプト、ペルシャ、ギリシャ庭園のさまざまな影響から別荘や宮殿なら喜びの庭園を生むことがローマの園芸の一部となる[12]一方公共の公園や庭園と楽しみのためにまた一緒に運動することを意図され、特に裕福なローマ人でない限り庭園はりませんでした。必要なのは、自分の土地または家を持つことだけでした。 ポンペイ発掘調査では、住居に付属する庭園は平均的なローマの家のスペースの制約を満たす必要上縮小されたことを示しています。

ホラティウスは、時間のあいまに 花園が国民の楽しみになったと記録している [13] アウグストゥスはローマのオピアン・ヒルにあるパブリックガーデン、リヴィアのポルティカスを建設しました。 ローマの外では庭は富の中心部で増殖する傾向がありました。 アフリカ、ガリア、ブリタニアローマ人居留地ではローマの庭園デザインの修正版が採用されました。 タウンハウスが高いインスラ (アパートの建物)に取り替えられたので、これらの都市の庭園はウィンドウボックスもしくは屋上庭園へと取り替えられました [14]

遺産[編集]

ローマの庭園のデザインはイタリア式庭園につながり、その要素はルネッサンスバロック、ネオクラシック、そして20世紀の造園家によってさえ採用がなされました。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Semple, Ellen Churchill (1929-01-01). “Ancient Mediterranean Pleasure Gardens”. Geographical Review 19 (3): 435. doi:10.2307/209149. JSTOR 209149. 
  2. ^ Semple, Ellen Churchill (1929-01-01). “Ancient Mediterranean Pleasure Gardens”. Geographical Review 19 (3): 431. doi:10.2307/209149. JSTOR 209149. 
  3. ^ Turner, Tom. Garden History Reference Encyclopedia: Historic books etc on garden design and landscape architecture. Gardenvisit.com. https://books.google.com/books?id=2q98CAAAQBAJ 
  4. ^ Elements of a Roman-Style Pleasure Garden | Italy”. www.lifeinitaly.com. 2015年11月11日閲覧。
  5. ^ The Roman House”. www.roman-empire.net. 2016年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  6. ^ What is a Peristyle? Definition of a Peristyle – Quatr.us”. quatr.us. 2015年11月12日閲覧。
  7. ^ LacusCurtius • The Greek and Roman Garden (Smith's Dictionary, 1875)”. penelope.uchicago.edu. 2016年12月9日閲覧。
  8. ^ Elements of a Roman-Style Pleasure Garden | Italy”. www.lifeinitaly.com. 2015年11月11日閲覧。
  9. ^ Peristylium”. www.vroma.org. 2016年12月9日閲覧。
  10. ^ The Classics Pages: Antony Kamm's 'The Romans': 6.4 Domestic architecture”. www.the-romans.co.uk. 2015年11月12日閲覧。
  11. ^ The Classics Pages: Antony Kamm's 'The Romans': 6.4 Domestic architecture”. www.the-romans.co.uk. 2015年11月12日閲覧。
  12. ^ Elements of a Roman-Style Pleasure Garden | Italy”. www.lifeinitaly.com. 2015年11月11日閲覧。
  13. ^ Semple, Ellen Churchill (1929-01-01). “Ancient Mediterranean Pleasure Gardens”. Geographical Review 19 (3): 436. doi:10.2307/209149. JSTOR 209149. 
  14. ^ ancient roman homes, houses, villas and apartments”. www.mariamilani.com. 2016年12月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • Bowe, Patrick (2004). Gardens of the Roman World. Los Angeles: J. Paul Getty Museum. ISBN 0-89236-740-7 
  • Ciarallo, Annamaria. Gardens of Pompeii. Los Angeles: J. Paul Getty Museum, 2001.
  • Gagarin, Michael, and Elaine Fantham. "Gardens." The Oxford Encyclopedia of Ancient Greece and Rome. Vol. 7. Oxford: Oxford UP, 2010. 271–76. Print.
  • Giesecke, Annette and Naomi Jacobs. Earth Perfect? : Nature, Utopia and the Garden. London: Black Dog Pub., 2012.
  • Henderson, John (2004). Roman Book of Gardening. New York: Routlage 
  • Jones, F. M. A. "Roman Gardens, Imagination, and Cognitive Structure." Mnemosyne, vol. 67, no. 5, Dec. 2014, pp. 781–812.
  • MacDougall, Elisabeth Blair and Wilhelmina F. Jashemski, ed (1981). Ancient Roman Gardens (Dumbarton Oaks Colloquium on the History of Landscape Architecture, VII). Washington, DC: Dumbarton Oaks Research Library and Collection 
  • MacDougall, Elisabeth B. Ancient Roman Villa Gardens. Washington, D.C.: Dumbarton Oaks Research Library and Collection, 1987. 200-06. Print.
  • Spencer, Diana. Roman Landscape: Culture and Identity. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press, 2010.
  • von Stackelberg, Katharine T. The Roman Garden: Space, Sense, and Society. London: Routledge, 2009.
  • Turner, Tom, and Marie Luise Schroeter Gothein. "Ancient Rome." Garden History Reference Encyclopedia. London: Gardenvisit. Com, 2004. N. pag. Print.