古内義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古内義明
生誕 (1968-07-07) 1968年7月7日(50歳)
日本の旗 日本 東京都
教育 福島県立磐城高等学校
立教大学法学部法学科
ニューヨーク市立大学大学院
修士課程スポーツ経営学修了
職業 スポーツジャーナリスト
MLBアナリスト
スポーツ経営コンサルタント
株式会社マスターズスポーツマネジメント代表取締役[1]
作家
立教大学講師

古内義明(ふるうちよしあき、1968年7月7日 - )は、日本スポーツジャーナリストMLBアナリスト作家、ボールパーク愛好家。株式会社マスターズスポーツマネジメント代表取締役。立教大学講師。アマチュアプレーヤー向けフリーマガジン『“武士野球”サムライベースボール』発行人兼編集長。

人物[編集]

  • 福島県立磐城高等学校卒業。在学中は硬式野球部に所属し、高2夏甲子園、高3夏開会式直後の1回戦でサヨナラ負けで、「天国と地獄」を味わう。
  • 神宮でのプレーを目指し、立教大学に入学。硬式野球部に所属し、外野手として活躍。同期には早稲田大学水口栄二法政大学瀬戸輝信などがいた。
  • 1990年の東京六大学野球秋季リーグでは、法政との優勝決定戦で先制タイムリーを放ち、秋2連覇に貢献、明治神宮野球大会で決勝で“ミスターアマチュア”杉浦正則のいた同志社大学に敗れて準優勝に終わり、野球生活に終止符を打つ。
  • 卒業後、社会人を経て渡米し、ニューヨーク市立大学大学院修士課程スポーツ経営学を修了した。
  • ニューヨークを拠点にスプリングキャンプ(アリゾナ&フロリダ全球団を取材)に始まり、MLB(すべての球団のボールパークを取材)、マイナーリーグ(70チーム以上)、独立リーグ、WBCまでを幅広くカバーしながら球団関係者やエージェントなどと独自の人脈や情報網を確立。
  • 松井秀喜のメジャー1年目のすべての試合を取材した唯一のジャーナリストであり、これまで2000試合以上を取材した日本におけるメジャーリーグ取材の第一人者として、現在に至る。
  • MLB以外のアメリカ3大プロスポーツやNCAAスポーツなども精力的に取材した。
  • 新聞・雑誌媒体以外に、MLB公認の日本語サイト(http://www.mlb.jp/)の立ち上げプロジェクトに協力。スプリングキャンプからワールドシリーズで、アメリカ発の写真やコラムを“リアルタイム”というネット媒体の特性を生かしながら、紙媒体では伝えられない付加価値のある情報を読者に提供した。
  • 「メジャーを観て死ね」(実業之日本社)でスポーツ文壇の世界にデビュー。以降これまで毎年のようにメジャーリーグ本を出版し、第一人者の地位を確立した。
  • 2014年から立教大学講師として、コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科で、「スポーツビジネス論~メジャーリーグの8000億円ビジネス」の教鞭を執る。日本の大学では初となるメジャーリーグをモデルとしたスポーツビジネス論で、グローバルな視点で活躍する人材育成にも寄与。
  • 2017年春、「夕刊フジ」にて、『日本体育会紀行』のコラム連載を開始。初回は、”平成絶対王者”大阪桐蔭の西谷浩一監督(報徳学園~関大)を 取材。今後は日本全国を巡り、「伝統」を重んじながらも、恐れずに「新しき」取り入れる、我が日本が誇る様々な「体育会」を探訪していく。
  • 初のバラエティー番組となるフジテレビ系列「全力!脱力タイムズ」に出演。また、自身の誕生日である7月7日に、『4千分の1の名将 新・高校野球学[関西編] 』(大和書房)を発売し、大阪桐蔭の西谷浩一監督等、関西の7人の名将を取り上げ、記念すべき夏の甲子園100回大会に花を添えた。


活動[編集]

  • 現在は講演会のキャスティング、広報戦略、PR活動、広報リリース、プロモーションなど様々な側面で、スポーツ経営コンサルタントとしても活動の幅を広げている。
  • 日本コカ・コーラ株式会社の「ジョージア魂賞」の広報企画立案及び執筆のプロジェクトに協力。[2]
  • テレビ朝日などのメジャーリーグ中継のデータ提供事業サービスも行っている。
  • 2012年から「北海道新聞」で、ダルビッシュ有の1年間の軌跡を追う『選究眼』という連載コラムを執筆。
  • 朝日新聞デジタルにて“&”「古内義明のメジャー見聞録~No Baseball, No Life」の連載。
  • 各種企業・大学等で、アメリカのスポーツビジネス論、日米のジャーナリズム論、メジャーの監督の組織論や人心掌握術、日本人選手の意識改革や夢の叶え方などのテーマで講義・講演をしている。[3]
  • アマチュアプレーヤー向けフリーマガジン『“武士野球”サムライベースボール』発行人兼編集長
  • 2014年から立教大学講師として、コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科で、「スポーツビジネス論~メジャーリーグの1兆円ビジネス」の教鞭を執る。日本の大学では初となるメジャーリーグをモデルとしたスポーツビジネス論で、グローバルな視点で活躍する人材育成にも寄与。[4]
  • 「侍ジャパン公式サイト」(http://www.japan-baseball.jp/) に対してコンテンツ提供事業。
  • 2017年春より、北海道新聞の連載コラム『Go!Go!ファイターズ』を担当し、メジャーリーグやスポーツビジネスの視点から、北海道日本ハムファイターズの魅力を伝えた。
  • 2017年秋季リーグ戦から、一般財団法人東京六大学野球連盟との契約により、「東京六大学野球オフィシャルガイドブック」の発行・販売事業に着手した。
  • 2018年冬より、早稲田大学オープンカレッジにて「日米スポーツビジネス比較論」を開講する。

出演番組[編集]

過去[編集]

新聞[編集]

雑誌[編集]

テレビ[編集]

日本テレビ[編集]
テレビ朝日[編集]
フジテレビ[編集]
TBS[編集]
関西テレビ[編集]
  • 関西テレビ放送 開局50周年記念番組「開拓者 ~古田敦也が見たスポーツ界の革命児たち~」 企画・構成
  • ちゃちゃ入れマンデー 『プロになるまでにかかる費用』コーナー監修
NHK[編集]
  • 日曜スタジオパーク
  • BSメジャー特集
  • NHKBS「日本人メジャーリーガーの群像」企画・構成
  • NHKBS「まるごとニューヨーク」
テレビ東京[編集]
その他[編集]
  • BS11 報道原人
  • ytv かんさい情報ネットten!
  • NHKやフジテレビのメジャーリーグ中継で現地レポーターを担当することもある。
  • 関西テレビでは、MLBやスポーツ関連の特番およびメジャー中継の企画・構成・インタビューなども担当。

ラジオ[編集]

TBSラジオ[編集]
J-WAVE [5][編集]
TOKYO FM[編集]
東海ラジオ[編集]
  • 俺たちのフィールド・オブ・ドリームス~独立リーグからの夢(企画・構成)
  • 直球勝負!大澤広樹
その他[編集]

著書[編集]

  • 「四千分の一の名将・関西編」(大和書房)ISBN 978-4-479-39307-8
  • 「メジャーの流儀~イチローのヒット1本が615万円もする理由」(大和書房)
  • 「無敗の男 田中将大「強さ」をつくった師の流儀」(大和書房)ISBN 978-4-479-79435-6
  • 「松井秀喜 - 献身力」逆境を力に変えて(大和書房)
  • 「ダルビッシュの背負う十字架~越えるべきメジャーの壁」(扶桑社)
  • 「メジャーリーグのWBC世界戦略~6000億円ビジネスのからくり」(PHP新書)
  • 「イチローVS松井秀喜~相容れぬ2人の生き様」(小学館新書)
  • 「松坂大輔に120億円の価値はあったのか」(成美堂出版)
  • 「Godzilla Watch 2003~松井秀喜メジャー1年目のすべて」(成美堂出版)
  • 「メジャー、俺達の誇り~選ばれし男たちの戦場」(実業之日本社)
  • 「死ぬまで、メジャー主義」(ぴあ株式会社)
  • 「メジャーを観て死ね」(実業之日本社)
  • 「メジャー監督」(筑摩書房)
  • 「テレビでは分からないメジャーリーグビジネス」(成美堂出版)
  • 「非公式メジャーリーグ・ボールパークガイド~UNOFFICIAL GUIDE TO MLB BALLPARK(リクルート・イサイズスポーツ&ブッキング)
  • 取材・構成を担当した松井秀喜著「壁を打ち破る100%思考法」(PHP文庫)及び「告白」(PHP出版)

脚注[編集]

[ヘルプ]