古山師重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古山 師重(ふるやま もろしげ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

菱川師宣の門人。本姓は古山、俗称太郎兵衛。はじめ菱川の画姓を称し、後に本姓の古山を名乗る。元禄2年(1689年)頃、師宣の一家とは別に独立して長谷川町に住み、長谷川太郎兵衛とも称している。作画期は天和から元禄の頃にかけてで、絵本や好色本、枕絵組物、肉筆美人画などを手がけ、画風は師宣晩年のものに似るとされる。落款は「大和絵菱川師重筆」、「日本絵菱川師重筆」、「日本絵古山師重筆」などと記していることが多い。門人に古山師胤古山師政古山師継がいる。

作品[編集]

版本挿絵[編集]

  • 好色江戸紫』五巻 ※石川流宣作、師重挿絵。貞享3年(1686年)刊行
  • 鹿の巻筆』五巻 咄本 ※鹿野武左衛門作、貞享3年刊行
  • 『好色染下地』 浮世草子 ※立羽不角作、元禄4年刊行
  • 『好色旅枕』 艶本 ※石川流宣作、元禄8年刊行
  • 『役者絵尽し』 役者絵本 ※刊年未詳
  • 『春雨草子』 咄本 ※刊年未詳
  • 『はるさめこと』一帖 艶本

肉筆画[編集]

  • 「隅田川舟中遊宴図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「隅田川両国橋之景」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵 ※「日本繪菱川師重圖」の落款、印文不詳の朱文円印あり
  • 「大奥花見図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「桜下酒宴図」 絹本着色 出光美術館所蔵
  • 「吉原遊興図屏風」 紙本着色、六曲一双 出光美術館所蔵
  • 「吉原風俗図屏風」 紙本着色、六曲一双 奈良県立美術館所蔵
  • 手毬遊びの図」 絹本着色 熊本県立美術館所蔵 ※「菱川」の白文方印と「師重」の朱文方印あり(落款なし)
  • 「牡丹模様衣裳の内掛を着た立美人」 絹本着色

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年 ※97頁
  • 楢崎宗重編 『肉筆浮世絵Ⅰ(寛文~宝暦)』〈『日本の美術』248〉 至文堂、1987年 ※34頁
  • 熊本県立美術館編 『今西コレクション名品展Ⅲ』 熊本県立美術館、1991年 ※134頁
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(3) 出光美術館』 講談社、1996年
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(5) 太田記念美術館/北斎館/板橋区立美術館』 講談社、1996年 ※67頁