古川小百合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ふるかわ さゆり
古川 小百合
プロフィール
愛称 さゆりん、さゆり姫
生年月日 8月23日
出身地 日本の旗 日本長崎県
血液型 O型
公称サイズ(2020年時点)
身長 / 体重 162 cm / 45 kg
BMI 17.1
スリーサイズ 91 - 58 - 82 cm
カップサイズ G
靴のサイズ 23 cm
活動
デビュー 1997年
ジャンル 声優ナレーター講師実業家
モデル内容 一般
備考 ゴー☆ジャス動画@ゲームマーケット元アシスタント
他の活動 マルチタレント文化人
事務所 トイプリッズ
モデル: テンプレート - カテゴリ
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 1.70万人
総再生回数 350万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年10月24日時点。
テンプレートを表示

古川 小百合(ふるかわ さゆり、8月23日 - )は、日本声優、文化人、実業家。長崎県出身。トイプリッズ代表取締役社長、美声ラボ代表。

来歴[編集]

人物[編集]

  • タレント、モデル、声優など現役の役者に指導する講師であり、声優を目指す生徒へレッスンを行う美声ラボの代表である。
  • アニメやゲームのほか、ナレーションの仕事もこなしている。またゲーム好きが嵩じてゲーム番組のMCやゲームイベントのMCをつとめることが多い。
  • 愛称は、さゆりん。以前声優事務所で同期であった日笠陽子の愛称「ひよっち」の名付け親。愛犬はコーギーのジョイ、ハク。(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • 実家は家電製品や映像ソフトを販売する電器店。以前、父親がインベーダーハウスを経営しており本人が生まれた時にはリビングにテーブル筐体が置いてあった。美容師の兄と、アニメーション作家兼映像ディレクターである義理の兄・べんぴねこがいる。
  • FYTTEでは料理好きが判明、美助けアイテム先取りCheck!ブロガーを担当。『戦国大戦界〜学園戦国〜』で腕前を披露しているほか、ゲームエンタ!にてゲームキャラ弁当を製作、自身のyoutube「さゆりん先生のおうち」では主に料理動画を公開。
  • 著書「長崎あるある」
  • コアゲーマー。13歳から親元を離れ単身上京。学校と仕事を両立し初給料でセガサターンとプレイステーションを購入。ゲームレコードGPでは強靭たるゲーマー陣のなか、MCながら予選を勝ち抜き本選に出場することが時々あり、ノーダメージクリアの実演やクルクルランドで優勝するなど腕前を披露。最新ゲームソフトの動向に詳しく東京ゲームショウ公式速報ステーションにて2011年度からナビゲーションを担当、ゲームPVでは新作紹介の台本を手がけ米国で開催される世界最大のコンピューターゲーム見本市「E3」に毎年単身自費で通い、自身の連載でも紹介している。業務用ゲーム機械(アーケードゲーム)から最新機種まで全てを所有。PS3、XBOX360、PS4、Switchなど自宅対戦の為にそれぞれ2台以上所有している。

出演[編集]

テレビ[編集]

司会[編集]

  • 前田日明・田中京・桜井鉄太郎・兼松聡ら生出演 ロック社長のこれを見ろ‼ 第二回(ニコニコ生放送) - MC
  • バンダイナムコ バンダイナムコライブTV ゲームwednesday - MC
  • ゲームオン「アーキエイジ移住計画」オーディション大会(ニコニコ生放送) - MC
  • SEGA 戦国大戦界 生祭!!(ニコニコ生放送) - MC
  • 輝く!あなたが貼った買った「ニコニコ市場アワード 2011」(ニコニコ生放送) - MC
  • ドスパラ×ニコニコ生放送 in 秋葉原PCゲームフェスタ(ニコニコ生放送) - ゲストMC

レポーター[編集]

ゲーム[編集]

テレビアニメ[編集]

ナレーション[編集]

CM(ナレーション、ソング)[編集]

雑誌[編集]

ラジオ[編集]

コラム[編集]

  • 日経BP「ゲームエンタ!」 - 古川小百合の「そのゲーム魅力的につき」(vol8から連載)
  • 日経トレンディネット - 連載「古川小百合のTGS2011新作くまなくチェックちゅう 」【東京ゲームショウ2011公式レポーター】
  • 日経トレンディネット - 連載「古川小百合のTGS2012注目タイトルロックオン! 」【東京ゲームショウ2012公式レポーター】
  • 日経トレンディネット - 連載:芸能界屈指の女子ゲーマー古川小百合の「注目タイトル ロックオン!」【東京ゲームショウ2013公式レポーター】

イベント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]