古川昌彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古川 昌彦(ふるかわ まさひこ、1927年 - )は日本実業家三菱化成代表取締役社長や、三菱化学代表取締役会長、経団連副会長、化学工学会会長、石油化学工業協会会長、蔵前工業会理事長などを務めた。

来歴・人物[編集]

東京工業大学卒業[1]。1990年から三菱化成(のちの三菱化学、現三菱ケミカル代表取締役社長を務め、1994年の三菱油化との合併を実現[2]。合併後の三菱化学の代表取締役会長や相談役[3]経済団体連合会(現日本経済団体連合会)副会長[4]石油化学工業協会会長[5]蔵前工業会理事長[6]などを務めた。2000年ダイヤ高齢社会研究財団理事長[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 「三菱化成・油化が合併 売上高1兆円超す総合化学会社に」日本経済新聞夕刊 1993/12/24 
  3. ^ 「会長・社長人事の件」三菱ケミカル
  4. ^ 「記者会見における今井会長発言のポイント」
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ 理事長就任にあたって(財)ダイヤ高齢社会研究財団 理事長 古川昌彦ダイヤニュース No.22
先代:
鈴木精二
三菱化成社長
1990年 - 1994年
次代:
三浦昭
先代:
村田一
石油化学工業協会会長
1994年 - 1996年
次代:
弓倉礼一